You are here: Home // architecture // Design of “Boulangerie Django” ブーランジェリー・ジャンゴを設計しました

Design of “Boulangerie Django” ブーランジェリー・ジャンゴを設計しました


We are pleased to announce that we designed a new bakery “Boulangerie Django” in Tokyo based on Cubism architecture in Czech.
チェコのキュビズム建築をテーマに、東京都日本橋浜町の製パン店「ブーランジェリー・ジャンゴ」を設計しました。
設計: 鈴木敏彦(ATELIER OPA)+西澤高男(buildingLandscape)
写真: 山田新治郎、杉原有紀
dja12
元の店舗でも使われていた小麦のロゴ(川本さんのデザイン)はモノトーンに変わり、新店舗の幾何学模様の内装と合間って、粋なイメージを作り出しています。
道路から見て左側がパンの売り場、右側がパン工房です。限られた面積を最大限に使うべく、排気と動線と動力を考えて設計しました。
dja11
「ブーランジェリー・ジャンゴ」 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3丁目19−4
営業時間:8:30-18:00 定休日:水曜と木曜
dja9

dja4竣工写真。何のブティックかと街の噂になっていました。
dja5大胆な連続模様が視覚的な遊びを生み出します。特注のランプもチェコのキュビズムに触発されて製作しました。
dja6チェコの建築家、パヴェル・ヤナークが設計した陶製のクリスタルボックスがこの店舗のモチーフです。
dja7
朝8時半にお店が開くと、通勤の人々や、ベビーカーを押す女性たちが次々とお店にすいこまれていきます。大通りと横の通りに面してベンチが2か所あるので、すぐに焼き立てのクロワッサンをほおばることも可能です。
dja1
ガラスケースに美しく並んだパンは、次々と増えていきます。
dja2
いらっしゃいませ!h
dja3

人気の製パン店、Boulangerie Django(ブーランジェリー・ジャンゴ)が江古田から日本橋浜町のビルの1階に移転開業した。新たにホテルやソーシャルアパートメントが同時に開発されたエリアで、歌舞伎の明治座とも近く、伝統とモダンなスタイルが感じられる街だ。

何種類かの幾何学模様を用いて、新しくユニークな店を設計した。主なテーマに、パリで生まれ、建築やプロダクトデザインの分野で1911年から1925年にプラハで人気を博したキュビズムを用いた。施工の前にオーナーシェフとデザインチームが一緒にプラハへ旅行し、当時、独立国家としてのアイデンティティを表現するために発展したキュビズム建築のバリエーションを学んだ。その結果、店舗内の壁とショーケースの前面を幾何学形状を強調する立体パネルで覆った。この134枚のスチールプレート溶接による立体パネルには1911年にチェコ人建築家のパヴェル・ヤナークが設計した陶製のクリスタルボックスをモチーフとしている。また、ゴム象嵌仕上の床と、ガラスのファサードの下半分を波線で装飾した。日除けには、このベーカリーが2010年に開業した時からロゴに使っている小麦を繰り返し用いた。さらに、V字型の鋼鉄製の照明をオリジナルに製作した。これらの幾何学的パターンが店舗とパン工房を貫いている。こうして、比類なきベーカリーは通行人の注意を惹き、工芸品のように丁寧に作られたパンが人々の食欲を満たしている。

これまで、日本のベーカリーの多くはフランスのスタイルに従ってきた。実際にオーナーシェフは最新の味と傾向を学びに毎年パリを訪れている。しかし、プラハに焦点を当てたことがベーカリーのデザインに大きな違いを生み出した。光と影が揺れ動き、好奇心をかきたてる独特の空間表現が街の話題となっている。さらに、この店舗の幾何学的なデザインは歴史的な和風のデザインをも連想させることから、東京でのキュビズムの継承は、ベーカリーの再開を国際的なスタイルで表現するのにふさわしい方法だと考えた。街角を飾るベーカリーのアートな存在感が、わくわくさせる街の雰囲気づくりに貢献している。

〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3丁目19−4
営業時間:8:30-18:00
定休日:水曜と木曜

First cubism bakery opened in Japan!
To see a new image of a bakery store, we visited the Cubist buildings in Prague, Czech Republic, with an owner-chef couple. Our desire is to shed more light in Tokyo to the cubism style that can only be seen in Prague. Thus, our vision has crystallized into an artistic cubism bakery that adorns the street corners.

A popular bakery, Boulangerie Django moved from Ekoda and opened at the first floor of a social apartment in Nihonbashi-Hamacho in Tokyo, where the area development is set in the city of Kabuki theater, a symbol of tradition and modern style.
We designed a new distinctive shop using some geometric patterns. The main theme came from Czech cubist art, which originated in Paris and became popular in Prague from 1911 to 1925 in the field of architecture and product design. Before the construction, owner-chefs and architects traveled together in Prague and learned the variation of cubism architecture developed to express their identity at that time as an independent nation. As a result, the interior of the shop, the wall, and the front of the showcase were covered by three-dimensional panels with enhanced geometry. These 134 panels with steel plate welding have a Crystal Box ceramic motif designed by Czech architect Pavel Janak in 1911. Then the floor was made using inlaid hard rubber, and the lower half of the glass facade were decorated by wavy lines. The awning was designed by a running pattern of wheat that has been used as the logo of the bakery since its establishment in 2010. V-shaped steel lightings were also specially made. These enhanced geometric patterns and united a shop space with a factory space. Thus, the extraordinary bakery shop attracts passengers’ attention, and the bread, carefully made like a craft, satisfies their appetites. So far, most bakery shops in Japan have followed the style of France. In fact, the owner-chefs always traveled to Paris every year to study the latest trends and tastes. However, the focus on Prague made a big difference in the design of the bakery shop. A unique expression of space where movement, light, shadow, and curiosity have become the talk of the city. Moreover, the geometric design of the shop reminds us of Japanese historical design. So we concluded that the success of cubism in Tokyo is an appropriate way to express the reopening of a bakery with an international style. This artistic shop located in the corner contributed to an exciting atmosphere of the city with an original touch.

dja13
dja14オーナーシェフの川本夫妻。

dja15パン作りは忙しいのです。
dja16いつも美味しいパンが並びます。
dja18エミリアーノいわく、「このパン屋さんが家の近くにあったらいいのに」
dja17お店の外のベンチに腰かけ、買ったばかりのクロワッサンをすぐ食べる幸せ。

川本シェフと共に旅したチェコのキュビズム建築については2019年初夏出版の『NICHE 06』(Opa Press)で報告します。

Trackback URL

Leave a Reply

Copyright © 2009 Atelier OPA. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress.