You are here: Home // Editorial Design // 「ヤコブセンの建築とデザイン」出版 ”Arne Jacobsen” New Book Released!

「ヤコブセンの建築とデザイン」出版 ”Arne Jacobsen” New Book Released!


jacobsen-book1
TOTO出版より、2014年6月20日に「ヤコブセンの建築とデザイン」の本が発売になりました。We are happy to announce the publication of “Arne Jacobsen” in June 2014.

アトリエOPAでは北欧の研究を2011年から始めましたが、特にここ1年半の取り組みの成果が1冊の本になりました。鈴木敏彦の文章に加え、杉原有紀が担当した英訳、石川宗孝が描きおこした図面によって、ヤコブセンのトータルデザインを語っています。2013年春にはイギリス・オックスフォードを調査し、夏にはデンマーク・コペンハーゲンで建築写真家の吉村行雄さんの撮影に同行して、編集長の遠藤信行さんと共に本書で取りあげた建物を巡りました。編集の田中智子さんの丁寧な進行のもと、デザイナーの緒方裕子さんのレイアウトによってだんだんと形になり、デンマークおよび他国の関係者から寄せられた正確な情報をバイリンガルで更新し、ついに出版の日を向かえることが出来ました。オールカラーの厚い本です。ぜひお近くの大型書店で手に取ってご覧ください。

jacobsen-pop「ヤコブセンの建築とデザイン」
単行本:327ページ(日本語、英語)
出版社:TOTO出版
発行日:2014年6月20日
本の寸法: 26 x 20 x 3.6 cm
著者:鈴木 敏彦、 吉村行雄

“Arne Jacobsen”
327 pages, Bilingual texts: Japanese and English
Publisher: TOTO publishing
Date of publication: 20 June 2014
Book size: 26 x 20 x 3.6 cm
Authors:Toshihiko Suzuki and Yukio Yoshimura

jacobsen-book-displayFinally our book that featured Jacobsen’s architecture and design was completed. Atelier OPA devoted ourselves to this book. First of all, we have traveled Denmark to research Jacobsen’s architecture since 2011. In 2013, we also visited England to see St. Catherine’s college in Spring, and stayed Denmark again to cover more than 20 buildings for this book. Then Suzuki wrote texts, Sugihara translated them in English and Ishikawa illustrated sectioned drawings and elevations. Sometimes we had meetings to select photos and to edit texts in TOTO publishing with a designer Ms.Ogata, and architectural-photographer Mr. Yoshimura an editor Ms.Tanaka and a chief editor Mr.Endo. To publish precise information, we contacted and requested many persons in abroad. Thanks to them, now we are happy to announce our new, thick and full color book.

本書作成の様子をご紹介します。
2014年4月、イギリス、オックスフォードのセントキャサリンズ・カレッジへ。いつも敷地内の植栽を細かく指定したヤコブセン。花と緑がキャンパスを彩ります。
ox0
こんなところにもベンチが。イギリスの伝統あるカレッジをデンマーク人の建築家として手掛けるにあたり、食器から椅子から建築からランドスケープまでトータルデザインを徹底した建築家の思いが感じられます。
ox2
食堂にて、案内して下さったアラスデール・ヒースさんと鈴木先生。オックスフォード・ハイバックチェアが並ぶのは教授席。学生はずらりと並んだセブンチェアに座ります。まるでハリー・ポッターの世界です。
ox1
2013年夏。8月の始めに訪ねたのは、シェラン岬にあるスモークハウス。夏季はマグロやサーモンの燻製を売っています。
cp10
ラウンドハウスのオーナーでもある、ステーン・ヘンリクセンさんにキャビアを頂いた鈴木先生(井上陽水ではありません)。ヤコブセンは、ヘンリクセンさんの祖父と親交があり、3つの煙突をかたどったロゴもデザインしました(原図は美術図書館所蔵)。
cp9

ラディソンブルーSASロイヤルホテルのロビーのエッグチェアにて、出版計画のご報告。左からTOTO出版の遠藤編集長、セールスマネージャーのポール・ラーセンさん、建築家カメラマンの吉村さん、鈴木先生。
cp8
ポールさんに無理をお願いして、ヤコブセンスイートの606号室の棚に飾ってある、ヤコブセンがデザインした銀器類をテーブルに並べて撮影しました。詳細は巻末のプロダクトのページに掲載しています。乾杯!
cp13

翌日は快晴。絶好の撮影日和です。ベルビュービーチにて、ストライプの監視塔を吉村さんが撮影しているところ。
cp1
テキサコ・ガソリンスタンドにて車にオイルを入れる鈴木先生。ヤコブセン物件をこの車で回りました。
cp6

ムンケゴー小学校にて、杉原、吉村さん、遠藤編集長、鈴木。ジャン・オーバーバイ先生に撮影許可を頂きました。今回、私はコーディネーターも務めましたので、お世話になった方とは連絡先を交換してすかさず記念撮影です。
cp3
ムンケゴー小学校と言えばタンチェア。U字を逆さまにした背の形は残っていませんでしたが、T字型のタンチェアが各所で使われていました。教室の段違いの採光も見事です。
cp15

同時期に作ったニュエア小学校。採光の仕組みが似ています。二―ラー・マンロップ先生に掲載許可を頂きました。
cp14

デンマーク国立銀行にて、親子2代で銀行勤めのイェンスさん(中央)と、いつも案内して下さるジャンさん(右)。手に持っているのは、私たちの「アスプルンド・アールト・ヤコブセン」と、遠藤編集長の東京からのお土産です。
cp7
改修したての庭園。心地よい噴水の水音、涼しい風。銀行の中にある、バンカーのためのオアシスです。
cp18

ロドオア市庁舎、ロドオア図書館では都市計画と建築を学ぶジェスパー・コートアンダーソンさんが案内してくれました。国立銀行とも共通する、軽やかに見える階段の横で記念撮影。後に鈴木先生は「階段の蹴上げ踏面の断面を連続的に見せるささら板のデザイン」という解説を本書に書き、私は英訳の前に「けあげ、ふみづら」という読み仮名から、「ささら板」は階段の側面、と確認するところから学習しました。
cp17

スレロド市庁舎(現ルダスダル市庁舎)にて、空が晴れることを祈りつつ、2時間経過。しかし曇ったままでした。こんな日もあります。
cp19
こちらは別の日。こうして何度も足を運びつつ、季節ごとのヤコブセンの建築を見るのもまた至福のひと時です。
cp20
あの厚いヤコブセン本を執筆した、デンマーク王立芸術アカデミー教授のカーステン・サウ先生にインタビューしました。「アスプルンドはヤコブセンを有望な若者として、親交を深めていました」なるほど。
cp11

オーフス市庁舎では、ツアーガイドのエリザベス・フォーさんに議場や結婚の宣誓の間を案内して頂きました。
cp16

夏の閉館を経て、9月に開館したデンマーク美術図書館へ。連日通いつめ、クラウス・シュミットさんにたくさんのヤコブセンの図面を見せて頂きました。「出版の際にはちゃんと連絡して版権使用料を払って下さい」「もちろんです!」という笑顔の1枚。
cp22

東京に戻って、秋からTOTO出版社にて編集作業です。吉村さんが撮り下ろした膨大な写真を手際よく並べていく田中さん(現在はartlessに移られました)。
tko2
「これでいきましょう!」遠藤編集長の審美眼が光ります。「やっぱり、紅葉を背景にした写真も撮りたいですね」と、吉村さんはこのあと追加の撮影旅行に出かけられました。
tk3

一方、鈴木先生は執筆に入る時期です。実際にヤコブセンに会ったことのある島崎信先生の事務所にて、北欧デザイン研究の何たるかを学びます。
tk8

年が明けて、いよいよ大詰めです。故・田中一光氏のお弟子である緒方さんがレイアウトを進めていきます。ヤコブセンのプロフィールのぺージ一つを取っても、フォントや余白が異なる様々なレイアウトのバリエーションから選びます。贅沢ですね。
tk4
tk7鈴木先生の原稿の最終確認および図面の確認。

endosan-iroko「うん、これは素晴らしい本になりそうだ!」
遠藤編集長が色校を確認していきます。

アトリエOPAでは、石川がたくさんの断面図や立面図や地図を描きおこしました。さまざまな資料と、現地の写真を元に、植栽の位置から建物の開口部までを図面に描いていきます。
tk6

最終入稿まであと数日。徹夜続きでも笑顔です。イギリスやデンマークからの文章の確認を待ち、建物の名称や、英文の大文字、小文字、ダブルクォーテーションを校正していきます。細部まで気がぬけません。
tk5

こうしてようやく完成しました。緒方さんがこだわった、モノトーン(黒に銀)の地に金箔で押したArne Jacobsenの文字。重厚な中にきらめきが映えます。表紙+カバー+帯という造りになっています。カバーはデンマーク国立銀行のエントランス内部、それをはずすと、国立銀行の入口を撮った白黒写真が現れます。
hyoushi

本の裏表紙はオーフスの市庁舎です。建てるか建てないか、ヤコブセンと市民がもめた時計塔のカラー写真のカバーをはずすと、市庁舎の1階から地下に降りる、らせん階段が現れます。ヤコブセンが得意とした、建物の直線とインテリアの曲線の対比を見ることが出来ます。
ura-hyoushi

さらに、表紙をはずすと本の本体が現れます。チョコレートボックスを思わせる、茶系に金字が素敵です。この模様は、ヤコブセンが1956年にムンケゴー小学校のカーテンとして作ったファブリック「Trapeze」の模様を使っています。
hontai

中身をご紹介します。アルネヤコブセンについて。
tachiyomi1

ベラヴィスタの集合住宅。
tachiyomi2
イギリス・オックスフォードのセントキャサリンズカレッジ。
tachiyomi3
一本足のアントチェアが並ぶ、セントキャサリンズカレッジの講堂。
tachiyomi4

本書は、北欧デザイン界の巨匠アルネ・ヤコブセンの建築およびプロダクトを包括した日本初の作品集です。
今なお、世界中で愛され続けるヤコブセンのプロダクト、椅子や照明、時計などは、実は自身の設計した建築のためにデザインされたものでした。<もっと詳しく>

◆PDFご案内(TOTO出版) ヤコブセンのすべてを紹介する日本で初の作品集

sebyoushi本書をまとめるにあたり、沢山の方にお世話になりました。フリッツ・ハンセン・ジャパンの鈴木理保さん、米倉慎二さんをはじめ、デンマークとイギリス、スウェーデンの関係者の皆様に心よりお礼を申し上げます。
This book was published the support and kindness of many people. We really appreciate your help. Tak!!
Mr. George Robinson in Canada. Miss. Helle Ryberg and Mr. Lars M. Mørch,Novo Nordisk A/S. Professor. Cartsten Thau, Royal Danish Academy of Fine Arts. Mr. Jan Thorndal , The National Bank of Denmark. Ms. Elisabeth Fogh, Aarhus City Hall. Mr. Steen Henriksen, Fish Smoke house and Round house. Mr. Jesper Kort Andersen, Rodovre City Hall. Mr. Poul Larsen and Ms. Boline Andersen Karademir, Radisson Blu Royal Hotel & Radisson Blu Scandinavia Hotel Copenhagen. Mr. Nieller Mandrup, Nyager Elementary School. Mr. Jan Overbye, Munkegard Elementary School. Mr. James Bennett and Mr. Alasdair Heath, St Catherine’s College. Mr. Claus M. Smidt and Mr. Mikael Bøgh Rasmussen, Danish National Art Library.Ms. Ayaho Suzuki and Mr. Shinji Yonekura, Fritz Hansen Japan. Mr. Per Henrik Skou and Mr. Martin Keiding, The Danish Architectural Press.


Related articles 関連する記事
「北欧の巨匠に学ぶデザイン アスプルンド/アールト/ヤコブセン」出版
「北欧の巨匠に学ぶデザイン アスプルンド/アールト/ヤコブセン」更新情報デンマーク2013夏
アルネ・ヤコブセン研究会, A survey of Arne Jacobsen
フリッツ・ハンセン・ジャパン探訪, Republic of Fritz Hansen, Japan
「北欧の巨匠に学ぶ図法 家具・インテリア・建築のデザイン基礎」出版
「世界で一番美しい建築デザインの教科書」発刊
著者インタビュー「世界で一番美しい建築デザインの教科書」

Trackback URL

Leave a Reply

Copyright © 2009 Atelier OPA. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress.