You are here: Home // Cardboard shelter // お絵描きダンボールシェルター Children’s drawing on Cardboard shelters

お絵描きダンボールシェルター Children’s drawing on Cardboard shelters


kff12017年9月21日~23日、「第18回建築ふれあいフェア」(東京、新宿駅西口広場)において鈴木敏彦先生が開発したダンボールシェルター1、2、3を展示しました。体育館や学校、公民館などの公共施設に備蓄しておいたダンボールシェルターは、災害時に人々の休息の場となります。

しかし子供たちにとっては、この魅力的な空間スケールは遊び場そのものです。絵を描き、中で遊ぶことによって、人間が必要とする、衣食住の「住」を体験できます。身近な体験から緊急時の被災対応に思いをめぐらせてもらう機会となりました。

“Architectural experiences fair” held at Shinjuku station in Tokyo on from 21 to 23 September 2017. We exhibited Cardboard shelters 1, 2 and 3 that Professor Toshihiko Suzuki has developed since 2011. The stockpiled cardboard shelters at public space, such as gymnasium and schools become the rest space in the event of a disaster. However, these attractive spatial scales
of the shelters itself works as perfect toy for children. We provided the shelters to experience its possibilities. It was an good opportunity to have a thought over preparedness for disaster.

ダンボールシェルターを子供たちに
Cardboard shelters for children

kff7
kff3
kff9
kff5
kff4
kff8
kff10
kff6
kff11
kff2
kff12

Related articles 関連する記事
ダンボールシェルター3を熊本地震に提供, Cardboard shelter 3 for Kumamoto earthquake
「Uneven Growth」展カタログにダンボールシェルター掲載, Cardboard shelter is quoted in a catalogue of Moma
ダンボールシェルターを子供たちに, Cardboard shelters for children
パリ展レポート「3.11―東日本大震災の直後、建築家はどう対応したか」,Paris Exhibition, How Did Architects Respond Immediately after 3/11?
建築展 「3.11―東日本大震災の直後、建築家はどう対応したか」, Exihibiton of architect’s works after the Tohoku Earthquake
ダンボールシェルター2012クロスウォールシステムを発表、Cardboard shelter 3 and Crosswall System
解説:ダンボールシェルターとは / An explanation of Cardboard shelter
ダンボールシェルター1, Cardboard Shelter1
ダンボールシェルター2, Cardboard Shelter2
ダンボールシェルター写真, Cardboard Shelter PHOTO
ダンボールシェルター2011写真, Cardboard shelter 2011
ダンボールシェルター掲載紙, Articles on newspapers in Japan
ダンボールシェルターを被災地に設置, An article about Cardboard shelter for refuge

Trackback URL

Leave a Reply

Copyright © 2009 Atelier OPA. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress.