You are here: Home // Cardboard shelter // ダンボールシェルター3を熊本地震に提供, Cardboard shelter 3 for Kumamoto earthquake

ダンボールシェルター3を熊本地震に提供, Cardboard shelter 3 for Kumamoto earthquake


cs-tv2
熊本地震で被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。工学院大学鈴木敏彦研究室では、建築学部同窓会支援のもと、熊本県に80個のダンボールシェルター3を提供します。この活動についてはテレビ朝日「スーパーJチャンネル」にて4/22(金)15:50~16:50に放送されます。
We would like to express our sincere sorry for this time of Kumamoto earthquake. Toshihiko Suzuki and his Laboratory of Kogakuin University brings 80 cardboard shelters to the refugees in Kumamoto prefecture using a fund of alumni of architecture department, Kogakuin University. This action will be Broadcasted on TV Asahi, 3:50-4:50 p.m, 22th April.

2011年に東日本大震災が起った際に、「建築家として何が出来るだろうか?」と鈴木先生は自分に問いかけ、ただちに鈴木研究室+ATELIER OPAにて「ダンボールシェルター」を開発しました。「避難所には水も食糧も毛布もあるけれど、それでは十分ではない。プライバシーに対する配慮がない。また、高い天井の下では人々は落ち着くことができない。ヒューマンスケールを考える必要がある」と考えたからです。工学院大学建築学部同窓会で資金を集め、宮城県気仙沼市にダンボールシェルターを届けました。しかし、現地では公平な分配に重きを置いており、少数の人に対して睡眠用のシェルターを設置することにためらいがありました。そして予想外にも、子供達はダンボールに絵を描いて遊び始めました。

そこで鈴木先生は「ダンボールシェルター3」を開発しました。これは着替えや授乳、診察に用いる空間です。物流に関しては戸田建設のCSRの支援を頂きました。4月26日に東京から「ダンボールシェルター3」80個を発送し、4月28日に福岡の戸田建設の施設に一旦保管します。現在、益城町の避難所に20個提供することが確定しています。残り60個についてはここを拠点に要望に応じて熊本の避難施設に配送する計画です。ダンボールは安価で再利用可能な素材です。現地でも作れるように、クリエイティブコモンズに基づき図面を無料で大学サイトで公開しています。

リンク:工学院大学/進化を続けるダンボールシェルターhttp://www.kogakuin.ac.jp/feature/disaster/activity/reconstruction/03_shelter.html

“What sholud I do as an architect?” When the Tohoku earthquake happened in 2011, Prof. Suzuki considered and immediately developed “Cardboard shelter”. “Facilities for refugee has water, foods and blankets in store. However it is not sufficient. There is no consideration for privacy. We are not comfortable under high ceiling. Let us consider human-scale.” He raised the funds from alumni of architecture department, Kogakuin University and delivered the cardboard houses to Kesennuma, Sendai prefecture. However the gymnasium for refugee emphasized on fair distribution and hesitated to set up them as sleeping spaces. Unexpectedly, children drew pictures and played with them.

Then Suzuki developed new “Cardboard shelter 3” which is suitable for changing clothes, breastfeeding and medical examinations. TODA Corporation supported our distribution. On 26th April, we send 80 packed “Cardboard shelter 3” from Tokyo. Facilities of TODA corporation in Fukuoka branch keeps them and delivers from there. First, 20 shelters come to Mashiki-machi. We are ready to offer 60 shelters to other areas of Kumamoto prefecture. The cardboard is cheap and recycle material. Based on Creative commons, design is free of use at the site of Kogakuin University.
http://www.kogakuin.ac.jp/feature/disaster/activity/reconstruction/03_shelter.html
cs-tv1

cs-tv3

Related articles 関連する記事
お絵描きダンボールシェルター Children’s drawing on Cardboard shelters
「Uneven Growth」展カタログにダンボールシェルター掲載, Cardboard shelter is quoted in a catalogue of Moma
ダンボールシェルターを子供たちに, Cardboard shelters for children
パリ展レポート「3.11―東日本大震災の直後、建築家はどう対応したか」,Paris Exhibition, How Did Architects Respond Immediately after 3/11?
建築展 「3.11―東日本大震災の直後、建築家はどう対応したか」, Exihibiton of architect’s works after the Tohoku Earthquake
ダンボールシェルター2012クロスウォールシステムを発表、Cardboard shelter 3 and Crosswall System
解説:ダンボールシェルターとは / An explanation of Cardboard shelter
ダンボールシェルター1, Cardboard Shelter1
ダンボールシェルター2, Cardboard Shelter2
ダンボールシェルター写真, Cardboard Shelter PHOTO
ダンボールシェルター2011写真, Cardboard shelter 2011
ダンボールシェルター掲載紙, Articles on newspapers in Japan
ダンボールシェルターを被災地に設置, An article about Cardboard shelter for refugee

Trackback URL

Leave a Reply

Copyright © 2009 Atelier OPA. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress.