You are here: Home // Kenchikukagu, Kenchikukagu (English), 建築家具(日本語) // ジェームズダイソンアワード2011, The James Dyson Award2011

ジェームズダイソンアワード2011, The James Dyson Award2011

Share |

鈴木先生の教え子である手島信洋さんの研究「移動、展開で空間の機能を切り替える家具」が、約550作品のうちトップ15ファイナリスト、日本2位に選ばれました。
Former member of Suzuki laboratory, Ph.D., Nobubiro Teshima ‘s study, “Furniture being capable of changing the space function by moving and unfolding itself” was nominated as Top 15 and selected for second prize in Japan.

ジェームズ ダイソン アワードは、18か国の学生を対象とした国際デザインアワードで、今年のテーマは「日常の問題を解決するアイデア」でした。2011年11月2日、東京デザイナーズウィークにて手島さんのプレゼンテーション後、国内審査員の山中俊治さんと下川一哉さんから盾と副賞のエアマルチプライアーが贈られました。
The James Dyson Award is an international student design award running in 18 countries. Its brief is “Design something that solves a problem.” After having a presentation at Tokyo Designer’s week, on Nobember 2nd 2011, judges of Mr. Shunji Yamanaka and Mr. Kazuya Shimokawa gave Ph.D.,Teshima a testimonial and Dyson Hot + Cool AirMultiplier as an extra prize.

移動、展開で空間の機能を切り替える家具
Furniture being capable of changing the space function by moving and unfolding itself.

The mobile dining

tatami

shelf/desk

プロジェクトの詳細(ダイソンアワードのページへ)

概要:狭小空間での生活を快適かつ豊かにするための提案

プロセス:大学での鈴木先生の授業課題「モバイルアーキテクチャー」で、メカニズムを新しいプロダクトに応用する授業を選択した事をきっかけとして、修士、博士課程でもリンク機構を用いた家具を研究した。

問題点:日本の若い夫婦は経済的な問題から余裕ができるまで賃貸アパートに住む例が多く、窮屈な生活を強いられている。そこで、家具を積極的に移動、展開すれば、狭小なワンルームでも必要に応じて空間を切り替えることができる。

解答:食べるための空間を作る家具「Mobile Dining」
眠るための空間を作る家具「tatami」
デスクワークや化粧のための空間を作る家具「Shelf/Desk」

PROJECT DETAILS link: James Dyson Award

Concept: Proposing the idea to change the daily life at the narrowest space into the comfortable and enriched one.

Process: As a start, he choosed Suzuki’s class “Mobile architecture” in which they research a new product with applying the principle obtained by examining an interesting mechanism. Then he pursued the theme for designing new furniture with link mechanics in his master’s and doctor’s degree.

Point of view:Facing economical problems with low incomes, young Japanese couples tend to live in a small one-room apartment. It provides them with a narrow and uncomfortable space. Therefore Teshima developed moving and unfolding the furniture/equipment for comfortable and life.

Solution: Furniture for dining:Mobile Dining,
Furniture for sleeping: tatami,
Furniture for desk work and make-up: Shelf/Desk


審査員のコメント
山中俊治氏:可動家具、あるいは収納・展開可能な家具は、いつの時代にも人々の根源的な願望であり、これまでにも多くの提案がなされ、その一部は商品化されてきた。その意味では本作品の提案する問題解決そのものは古典的なものである。かつ本作品で提案されているパンタグラフ系のリンク機構も決して斬新なものとは言えない。
しかし本提案では、地道に試作と実験を繰り返すことによって、従来にない精妙な動きと、劇的な変化を生み出すことに成功している。我々審査員はその地に着いた正攻法のアプローチを奨励し、その真摯な研究姿勢を評価するものである。

下川一哉氏:「移動、展開で空間の機能を切り替える家具」は、アコーディオンのような構造で、箱の中からテーブルや棚などが立ち上がる点にデザインのオリジナリティーがある。出現した家具はさらに姿を変えながら、さまざまな使い方に対応する。狭い居住空間を、布団やちゃぶ台を使って多目的に使ってきた日本人ならではの発想があり、さらに東日本大震災を経た目で見ると、普段の生活と万が一の自体をつなくデザインにも見える。この点に、デザインの新たな方向を感じる。

ダイソンのエンジニア:驚くべき家具デザインです。見事な試作品です。このように小さな家具に多くの技術と機能が盛り込まれていることは素晴らしいです。

アトリエOPAからもひと言:手島信洋さんの長年のご研究の成果が実ったことをお喜び申し上げます。

Comments of judges
Mr. Shunji Yanamanaka: People are longing for mobile and storageable furniture. This works with pantograph and link mechanism are classic solution, and not so new, but he succeeded in making exquisite moving and dramatical changes. So we set a high valuation on his earnest attitude to study.

Mr. Kazuya Shimokawa: His furniture has an originality in structure like an accordion. The furniture appeared from boxes change its outlook and respond to many uses. I found typical Japanese idea in his study, because we have a history of using narrow room as a multiple space with Futon-bed and Chabudai-low dining table. Moreover, it seems special design that’s usable in usual and emergency, since we experienced Tohoku earthquake in March 2011.

Engineer of Dyson: It is an astonishing furniture design. Bririant trial pieces. I think it is wonderful that many techniques and functions are included in these small furniture.

Comment from Atelier OPA: Teshima san, congratulations on your excellent results!

Related articles 関連する記事

学部、修士、博士のデザイン教育 (4章に手島さんの博士課程での研究を詳述)

Design education for undergraduate, master’s and doctoral programs
(I wrote a description about Teshima’s study in Chapter 4, pp7~pp11.)

モバイルキッチンがスマートデザインに選出, Mobile kitchen is selected for Smart design

Foldaway Office Online Shopping

Foldaway Office

Foldaway Guest Room

Mobile Kitchen

コニカミノルタ エコ&アートアワード2013を振り返って, A summary of KONICA MINOLTA eco and art Award 2013
レクサスデザインアワード展覧会, Lexus Design Award Exhibition 2013
「TSUBO CAR」が日経デザイン・スマートデザイン2013受賞, “TSUBO CAR” won the Smart Design award 2013

Trackback URL

Leave a Reply

Copyright © 2009 Atelier OPA. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress.