鈴木敏彦


Toshihiko Suzuki, Architect

工学院大学建築学部建築学科教授。建築家、デザイナー。

suzukiatelier-opa.com

プロフィール作品 Works展覧会 ExhibitionCurriculum vitae賞 AwardsBOOKS /Reports

プロフィール

1958年東京生まれ。工学院大学で建築、早稲田大学博士課程で構法を学ぶ。黒川紀章建築都市設計事務所からフランス留学後、プロジェクト・マネージャーとしてパリを中心にヨーロッパの大規模プロジェクトを担当。独立後、東北芸術工科大学助教授、首都大学東京准教授を経て現職。空間の移動性と可変性をテーマに領域横断型デザインを実践。デザインの原点は茶人の思想に宿る。大学院在学時に伊藤鄭爾先生の「茶室を知りたくば茶道を学べ」の一言で表千家の佐藤松東先生に入門。以来30年間稽古を続け、茶名は宗敏。

2003年ロンドンデザインミュージアム展示、2004〜2007年ミラノサローネ発表、2016年には、ミラノトリエンナーレにて招待展示。茶の湯のもてなしの心とコンパクトに折り畳む発想を海外メディアに高く評価される。グッドデザイン賞/中小企業庁長官賞、アジアデザイン大賞/グランプリ、レクサスデザインアワード2012、iFデザインアワード2014、A’DESIGN AWARD 2016、他受賞多数。近年は建築プロダクトデザイン教育と国際交流に尽力。日本インテリアデザイン学会、北欧建築デザイン協会理事。

著書に、『世界で一番美しい建築デザインの教科書』(エクスナレッジ)、『北欧の巨匠に学ぶ図法 家具・インテリア・建築のデザイン基礎』(彰国社)、『北欧の巨匠に学ぶデザイン アスプルンド/アールト/ヤコブセン』(彰国社)、『建築プロダクトデザイン/暮らしを劇的に変えるモノと空間の設計思想』(講談社)、『ヤコブセンの建築とデザイン』(TOTO出版)、『プロセスでわかる住宅の設計・施工』(彰国社)などがある。

1 Response to " 鈴木敏彦 "

  1. 後藤 成身 より:

    前略、鈴木先生、ご無沙汰しています。
    昨年末にインドネシア、ジャカルタでの2年の現場常駐赴任を終え帰国することができました。
    機会あればまた、設計製図の非常勤講師を行いたく考えています。非常勤講師採用の情報あればご提供をお願いしたいと思います。
    また、機会あればインドネシアなど建築状況をお伝えできると思います。多忙と思いますが、ご返信お待ちいたします。草々。
    日建設計 設計部 後藤成身

Leave a Reply

Copyright © 2009 Atelier OPA. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress.