You are here: Home // 卒制に勝つ! // 4-2.学生タイプ2 アイデア定期預金型

4-2.学生タイプ2 アイデア定期預金型


第4章 典型的な出費レポート

学生タイプ2 アイデア定期預金型 (別名:問題解決型)

 自分のことを「人より成績がいい」と思っている人は、以前の課題で成功したテーマをさらに発展させて卒制のテーマとして展開しようと目論んでいいます。「日常生活で見つけた問題点を私の視点で解決したい」かつて授業で先生にほめられた経験がこの意気込みを支えています。

  • 新学期:卒制を新しく始めるなんてナンセンス。卒制のテーマは、あらかじめアタリをつけてあるんです。3年生までの授業課題、もしくは自主制作で取り組んだ成果を元に、卒制をさらに伸ばしていこうと思っています。制作の手順は一度経験しているので、スケジュールを組むのに悩む必要はありません。
  • 前期の間:みんなはゼロから何かを始めようと考えていますが、自分にはこれまでの成果があります。ネットや図書館で下調べして、アイデアを強化しようかな。(←出費:書籍代)
  • 前期末の中間発表:下準備の甲斐があって、レポートは完璧。至って堅調な滑り出しをアピールできました。
    夏休み:これだけテーマの貯金があれば、夏休みはゆっくりしても大丈夫。
  • 後期開始:ちょっとあせり始めます。全然やる気が出ません。1年以上向き合っているテーマだから、飽きてきたのかな。でも、その気になれば、たぶん前回のレベルより高いものを再現できると思うんですよね、おそらく。
  • 年末:あれ?温存していたネタの利回りが、思ったよりも悪いようです。何か新規性を足さないと。時間もないし焦っています。素材を買って付け足してみたものの、これじゃあ去年と同じ風体だし、まったく研究が発展してない印象です。どうしよう!(←出費:材料費)
  • 2月:苦労しましたが、とにかくもう一度作りなおして、完成!なんとか間に合いました!(←出費:制作費)

診断:前々から温めていたアイデアで卒制に臨んでも、超低金利時代のご時世では利子はなかなかつかないもの。アイデアを推し進めるためには、過去の成果に甘んじずに、もっと早くから材料に再投資する必要があったのでは?

今すぐ対策を見る:8-2

Trackback URL

Leave a Reply

Copyright © 2009 Atelier OPA. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress.