You are here: Home // Editorial Design, ヤコブセン研究会, 鈴木研究室 // 「北欧の巨匠に学ぶデザイン アスプルンド/アールト/ヤコブセン」出版

「北欧の巨匠に学ぶデザイン アスプルンド/アールト/ヤコブセン」出版


北欧の巨匠に学ぶデザイン アスプルンド/アールト/ヤコブセン
単行本:125ページ
出版社: 彰国社
発行日:2013年5月10日
本の寸法:25.7 x 18.4 x 1.1 cm
著者:鈴木 敏彦、杉原 有紀


北欧デザインの源流へ!
トータルデザインを、北欧の自然・生活を軸に読み解く

ここ数年の北欧研究の成果が彰国社から本になりました。アトリエOPAで総力を挙げて、執筆、編集、構成、写真、イラストを手掛けています。

本書は、建築やデザインを専攻する学生のみならず、北欧文化に興味を持つ幅広い読者層を対象に書き下ろしたものです。北欧デザインに関心のある方なら、ヤコブセンの椅子や、アールトのガラスの器を既にご存知かもしれません。しかし、彼ら二人に多大な影響を与えたアスプルンドなくして、北欧の自然観や、人間を中心に考えるデザインをひもとくわけにはいきません。年長のアスプルンドを手本に、アールトは彼と友情をはぐくみ、ヤコブセンはアスプルンドの成果を意識しながら自分のデザインを手掛けました。この3人の巨匠たちは、それぞれ自然環境との独自の距離をはかりつつ、建築、インテリア、プロダクトを手掛けました。そして結果として現代の生活の基盤となる、緑豊かな都市生活をデザインしていったのです。

スウェーデン、フィンランド、デンマークの3巨匠を一度に語るため、3国を取材し、文献から時代背景を読み解き、それぞれの個性を比較し、写真とイラストをふんだんに用いて1冊にまとめました。巻末には北欧の建築めぐりのガイドマップもあります。北欧デザインを大胆に斜め読みする手引きとしてお使い下さい。

0. はじめに/北欧の3人の巨匠について
北欧の巨匠に学ぶトータルデザインとは/北欧3国の3人の巨匠の相関絵巻/3人の建築家の自然観

巻頭では3人の相関関係を時系列の絵巻で解説しました。3人とも幼少時から絵が上手でしたが、周囲の勧めで、絵描きではなく建築家の道を選びます。アスプルンドとアールトの初顔合わせは「スカンディア・シネマ」、ヤコブセンとの初顔合わせはスウェーデンに訪ねてきた時だと言われています。

1. グンナール・アスプルンド
スウェーデン・ストックホルム生まれ、1885 年 – 1940 年(55 歳没)。
多様な建築様式を実践した北欧建築の先駆者で、アールトとヤコブセンに多大な影響を与えた。締切りの数日前には作品を完成させる勤勉さと、学生の師たる高潔さ、作品のディティールに宿る繊細さが持ち味である。

CONTENTS
アスプルンドから学ぶトータルデザイン/人を導くアプローチ/内と外の境界をデザインせよ/緑の壁と石の床/物語る細部/行為を誘発するかたち/小さな傾きが豊かさを生み出す/家具・プロダクトがインテリアの空間の質を決定する/動く仕組みが生活を支える

「森の教会、森の墓地」の歩き方も徹底解明。

「森の教会」の礼拝堂の椅子のディティールにもアスプルンドの細やかなデザインが見られます。

2. アルヴァ・アールト
フィンランド・クオルタネ生まれ。1898 年 – 1976 年(78 歳没)。
家庭ではスウェーデン語、学校ではフィンランド語を話して育つ。多言語を学ぶセンスに恵まれ、明るい性格で社交性に富み、20代の終わりからアスプルンドと友情を結ぶ。

CONTENTS
アールトから学ぶトータルデザイン/手に触れる部分へのこだわり/必要最低限という美学/貫入するトップライト/建築の機能を併せ持つ家具/暖房のデザイン/音と光のデザイン/病室のトータルデザイン/素材とかたち

アールトがレンガを多用した時代の傑作、「セイナッツアロの役場」です。

3. アルネ・ヤコブセン
デンマーク・コペンハーゲン生まれ、1902 年- 1971 年(69 歳没)。
遊び心と行動力から小学校の授業を邪魔したり抜け出したりする子供だった。機能的で新しいライフスタイルを具現化するため、酒は飲まず、人とも付き合わず、所員に横暴だと言われても猛烈な仕事量をこなした。

CONTENTS
ヤコブセンから学ぶトータルデザイン/動く仕組みで解決する/宙に浮く階段の秘密/トータルパッケージとしての建築/環境のトータルデザイン/リデザインというデザイン/製品として生き続けるプロダクツ/オルタナティブを出し尽くせ/建築の性能を併せ持つ家具

各章の冒頭で、各建築家のトータルデザインを解説しています。ヤコブセンの場合は国立銀行を取り上げました。
ページの背景には国旗から色を取って、ヤコブセンは赤、アールトは青、アスプルンドは黄色を用いました。

4. おわりに/3人の巨匠の作品を巡る旅
CONTENTS
北欧3国を巡る旅
グンナール・アスプンドル/スウェーデン
アルヴァ・アールト/フィンランド
アルネ・ヤコブセン/デンマーク

効率の良い旅のルートを紹介しています。また、実際に泊まれる巨匠の建築の宿泊案内をコラムにまとめました。
・アスプルンドの「夏の家」
・アールトの「セイナッツアロの役場」
・ヤコブセンの「SAS606号室」

北欧の巨匠に学ぶデザイン アスプルンド/アールト/ヤコブセン
<目次>
0 はじめに/北欧の3人の巨匠について
1 グンナール・アスプルンド
2 アルヴァ・アールト
3 アルネ・ヤコブセン
4 おわりに/3人の巨匠の作品を巡る旅

Related articles 関連する記事
「建築プロダクトデザイン」出版
「北欧の巨匠に学ぶ図法 家具・インテリア・建築のデザイン基礎」出版
「世界で一番美しい建築デザインの教科書」発刊
著者インタビュー「世界で一番美しい建築デザインの教科書」
「工手学校-日本の近代建築を支えた建築家の系譜-工学院大学」

アルネ・ヤコブセン研究会, A survey of Arne Jacobsen
フリッツ・ハンセン・ジャパン探訪, Republic of Fritz Hansen, Japan

Trackback URL

Leave a Reply

Copyright © 2009 Atelier OPA. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress.