You are here: Home // ヤコブセン研究会, 鈴木研究室 // フリッツ・ハンセン・ジャパン探訪, Republic of Fritz Hansen, Japan

フリッツ・ハンセン・ジャパン探訪, Republic of Fritz Hansen, Japan


First meeting of Jacobsen Workshop
June 30th 2011, we met Mr.Shinji Yonekura at Fritz Hansen, Japan showroom.

第一回研究会リポート
2011年6月30日、フリッツ・ハンセン・ジャパンの米倉慎二さんを訪ね、デンマークのフリッツ・ハンセン見学のお礼と、ヤコブセン研究の視察内容を報告しました。

http://www.fritzhansen.com/
フリッツ・ハンセン・ジャパン


We appreciated his help in giving us information of not only Republic of Fritz Hansen factory in Denmark but also Copenhagen city. We talked about the place we visit and Danish design… but wait a second. How cool this showroom is! There were plenty of chairs and tables. All of them were exactly made by Fritz Hansen factory in Denmark, that we visited one month ago. I remembered Denmark flavor at once. That is, design of Arne Jacobsen, Poul Kjaerholm and Jaime Hayon. At there, selected furniture for summer interior are just exhibited. The colors of silver, natural wood and black look perfect for summer.

フリッツ・ハンセン・東京ショールームは、なんて素敵なところなのでしょう!ヤコブセン、ポール・ケアホルム、ハイメ・アジョンの家具がたくさん並べられています。デンマークで見たデザインの趣き、雰囲気を瞬時に思い出しました。しかもこれは先月我々が見学してきたフリッツ・ハンセンの工場から送られてきた、初夏のしつらえなのだそうです。シルバー、黒、木目のシックな色味が、夏にぴったりです。

The Seven chair is a synonym for Fritz Hansen and Arne Jacobsen. Skillful paint technique made the chair brilliant silver. The sample shows us available another colors. The price depends on finnising touches.
ヤコブセンのデザインであり、フリッツ・ハンセン社の代名詞とも言えるセブンチェア。銀色に輝いています。左下に色違いのサンプル各種。塗装の工程と仕上げによって、椅子の値段が異なります。

From left to right. Seven chair, Grandprix chair and Ant chair.
左から順に、セブンチェア、グランプリチェア、アントチェア。

Many books relevant to Scandinavia design laid out on the table. And the central black elegant sofa is designed by Jaime Hayon, just debut in Milano i Salone 2011.
米倉さんが用意して下さった、ヤコブセン関連のお宝書籍。中にはOPAの書籍コレクションに無いものもありました。奥に見える黒いソファーはハイメ・アジョンのデザイン。2011年春のミラノサローネでデビュー。

Leather‐covered Egg chair. I’ve never see this type of color, the midway of amber and pink. Mr. Yonekura told us the color of leather gradually changes to dark one.
革張りのエッグチェアー。なかなか見たことのない、ピンクと飴色の中間の色です。米倉さんによると、だんだん革の色が変化していくとのこと。

Design Q and A with Mr. Yonekura
Jacobsen’s design is very distinctive. Why does it special?
“He designed all from nature.” Mr. Yonekura replied. It is a famous episode that Jacobsen wanted to become a gardener because he loves plant. The natural curves might based on observation of plant.

米倉さんに聞く デザイン一問一答
なぜ、ヤコブセンのデザインは特別なのでしょうか。
「やはり、自然の形を模しているからでしょう」と米倉さん。ヤコブセンは植物が大好きで、庭師になりたかったというのは有名な話です。植物を観察することによって、自然な曲線が生まれるのですね。

Although Denmark’s high prices, people seems to spend money for design. Why?
“Because Denmark is poor in natural resources. They have to find value in design. Although Seven chairs and Egg chairs are exported to all over the world from Republic Fritz Hansen in Denmark, remember that the Danish people consumed one third of the chairs made by Fritz Hansen.” I understood, good design must be accepted in one’s country.

デンマークは物価が高いけれど、人々がデザインにお金をかけているのはなぜ?
「デンマークには資源が無いので、デザインに価値を見出すことを考えなくてはいけませんでした」と米倉さん。「今では、デンマークデザインを代表するセブンチェアーやエッグチェアーは世界中に輸出されていきますが、フリッツ・ハンセンで生産する椅子の三分の一は、自国で消費されているんですよ」 なるほど。素晴らしいデザインは自国で受けいられるものなのですね。

We saw the Japanese flag alongside the Danish flag when we visited Fritz Hansen in Copenhagen.
We surprised and asked them “Is it for us?” “Of course,” they answered.
“Did you find it? I asked our head office to do that. The national flag of Denmark, Dannebrog is the oldest state flag in the world. They have many various regulations and rules for display of flags.” I see. Thank you for treating us like VIP!

デンマークのフリッツ・ハンセン社を訪ねた時に、デンマークの国旗の横に、日本の旗が飾られていました。
私たちのため?と訪ねたら、もちろん、と答えが帰ってきて聞いてびっくりしました。「気づいていただけましたか。本社にリクエストを出しておいたんです。実はデンマークは最古の国旗の国で、他の国の旗を掲げるときは自国の旗の横に置かなくてはいけない、等の決まりがあるんです」 そうでしたか。旗をかかげるVIP待遇、どうもありがとうございました。

Then and now, the angle of legs of chairs seems to be a little different.
When we visit chair museum in the Fritz Hansen Factory, joint angle of legs are little bit different in Ant chairs and Seven chairs. “Yes. The height of chairs are also changing. The chairs sales in Japan are lower than those in Denmark. Because Danish height become taller than usual.”

昔と今では椅子の脚の付き方が違う?
工場見学の際に、古いアントチェアーやセブンチェアーを見て、座面に対する脚の角度が変わってきているように思いました。「そうですね。また、椅子の高さも変わってきています。日本向け出荷の椅子は、デンマークで販売しているものより座面が若干低いんです。デンマーク人の身長が昔より高くなっているのとも関係していると思います。」

Paul Kajeholm had a fight like a woman? 
When Fritz Hansen contracted with Arne Jacobsen for making the Seven chair, Paul Kajeaholm complained and quit his project. “It was a fight like a woman,” the publicity relations of Fritz Hansen in Denmark explained to us. Could you tell us again? “Paul Kajeaholm used to an in-house designer of Fritz Hansen. But his chair, he made it as graduate work, was difficult for mass production. Then Fritz Hansen staked the fate of a company on a project with Jacobsen. It was a development of Ant chair, that is, world-first three-dimensional molding of the plywood chair.” I see. That’s the reason he got jealous like a woman. “After Kajaeholm died, Fritz Hansen took over the rights of production and sales again.” Tip: Hans J Wergner saw Kajeaholm’s works and helped him to fid a job at Fritz hansen. I found this episode from the book that laid out on the table. Many designers gathered around Fritz Hansen.

ケアホルムの「女のようなケンカ」とは?
フリッツ・ハンセン社がセブンチェアを生産する契約をヤコブセンと交わした時、ポール・ケアホルムが「だったら、自分の椅子はフリッツ・ハンセンで作らない」とゴネて、「まるで女同士のいさかいだった」と、デンマークのフリッツ・ハンセンのショールームで説明を受けたのですが、そのあたりを詳しく教えて下さい。
「ポール・ケアホルムは、もともとフリッツ・ハンセンのインハウスデザイナーでした。でも、彼が取り組んでいた、卒業制作の椅子は難しくて、量産できるデザインではありませんでした。そこで、フリッツ・ハンセンはヤコブセンとのアリンコチェアの開発に社運を懸けたのです。それは世界初の3次元一体成型合板チェアの開発でした」 なるほど。それにケアホルムは嫉妬したのですね。 「ケアホルムの死後、フリッツ・ハンセンは、ケアホルムの家具を作っていたメーカーから生産する権利を買い取り、現在に至ります」 ちなみに、傍にあったケアホルムの書籍によると、ケアホルムの椅子を見て、フリッツ・ハンセン社に就職を斡旋したのはハンス・J・ワーグナーでした。たくさんのデザイナーがフリッツ・ハンセン社の周りに集っていたのですね。

Thank you so much for teaching us, Mr. Yonekura.
米倉さん、ご教示どうもありがとうございました。

Related articles 関連する記事
アルネ・ヤコブセン研究会, A survey of Arne Jacobsen
「北欧の巨匠に学ぶ図法 家具・インテリア・建築のデザイン基礎」出版
著者インタビュー「世界で一番美しい建築デザインの教科書」
「世界で一番美しい建築デザインの教科書」発刊
「北欧の巨匠に学ぶ図法 家具・インテリア・建築のデザイン基礎」出版

Trackback URL

1 Response to " フリッツ・ハンセン・ジャパン探訪, Republic of Fritz Hansen, Japan "

  1. Danny より:

    My partner and i still can’t quite believe that I could often be one of those reading the important ideas found on your web blog. My family and I are truly thankful on your generosity and for giving me the chance to pursue the chosen career path. Thanks for the important information I acquired from your website.

Leave a Reply

Copyright © 2009 Atelier OPA. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress.