You are here: Home // 鈴木研究室 // 参加者募集:2014ベトナム敷地調査&ミラノ国際交流と設計コンペ

参加者募集:2014ベトナム敷地調査&ミラノ国際交流と設計コンペ


ミラノ工科大学 X 工学院大学 国際交流 2014年度 参加者募集のお知らせ

2014年3月6日(木)〆切
2014年度は9人が参加します。
参加者:川田裕、天貝悠、新井健治、石田章人、佐藤芽衣、井野 裕也、田中和希、安齋 智史、吉本裕有城

3月下旬にベトナム・ハノイで敷地調査、9月末に設計案をオンライン提出し、10月にイタリア・ミラノのワークショップとプレミオ・コンパッソ・ボランテ授賞式に参加します。

テーマ:タンロン・アーバンファーム
都市の農場をイメージした複合ビルを設計する国際コンペ。カフェ、レストラン、市場、食に関する広場を含む、持続可能性の高い4階建てを設計します。

Premio Conpasso Volante プレミオ・コンパッソ・ボランテとは
建築とデザインとエンジニアの学生を育成するため、ミラノ工科大学が主催する設計コンペとワークショップで、工学院大学建築学部の参加は4回目になります。賞金はありませんが、春の国際交流と秋の再会で海外の学生と友情を育み、語学と建築とデザインの視野を広げることが成果です。詳しくはページ最下部から、過去の活動内容をご覧ください。

チーム編成
3人で1チームを組みます。参加は一人でも可能です。4月にチーム分けを行います。
ほぼ実施設計に近いコンペですので、A0シートを提出する力量とエンジニアの知識が求められます。相手校は修士学生(24~27才)が中心となりますので、工学院大学からの参加者は学部生よりも修士1年生主体のチームの勝率が高くなります。語学に強い、もしくは建築が大好きで手を動かすのが早い、という学部生も歓迎します。国際交流とコンペの両方を楽しみましょう。
2014年度の修士1年生で参加する人は、前期に鈴木敏彦先生の「建築プロダクトデザイン特論」を受講して下さい。

年間スケジュール
4月5~8日 ベトナムで敷地調査
5~7月 「建築プロダクトデザイン特論」後半でコンペ案制作
8月 各チームで最終設計
9月末 コンペ案のオンライン提出
10月2日~7日 イタリア渡航 ワークショップと表彰式

コンペ実施要項ダウンロード
PCV2014(英語PDF)
※渡航スケジュールはミラノ工科大学のもの。工学院大学のベトナム渡航は4月5~9日予定です。

2014年コンパッソ・ボランテ参加校
ミラノ工科大学、パレルモ大学、シンガポール工科大学、ハノイ建設大学、工学院大学


2014年4月5日~9日ベトナム渡航 参加者募集
ミラノ工科大学と合同で、ハノイの敷地調査を行います。ツアー代金 106,000円~

◆締め切り:2014年 3月14日(金)
出発日45日前を過ぎているため、空席状況により料金が変動します。
申し込み次第、航空券の座席と宿泊先を確保していきます。

◇宿泊 ザーバオグランドホテル Gia Bao Grand 住所23 Losu Str, Hoan Kiem Dist, Hanoi
TEL:84-4-39262222 市内、ホアンキエム湖の東。1泊1部屋一人あたり7000円。(ツイン利用)

◇ベトナム渡航スケジュール
4月
5日(土)ベトナム航空 VN 311便 10:00 成田発、14:30 ハノイ 着
6日(日)ハノイ市街と敷地調査
7日(月)ハロン湾観光
8日(火)ハノイ建設大学にてワークショップ、レクチャー、親睦ディナー
9日(水)帰国 VN 310便 0:40 ハノイ発、 7:35着
航空券85,060円 (65,200円+その他諸費用19,860円)

◆航空券・ホテル手配
IACEトラベル新宿アイランドタワー店 TEL:03-6890-4223 熊沢様

◆お問い合わせ・お申し込み
工学院大学建築学部 鈴木敏彦研究室 suzuki[atmark]atelier-opa.com または
国際建築デザイン研究会 杉原有紀 mizunova[atmark]gmail.com まで

◆工学院大学からの費用補助
以下の点確認のため、参加希望者は、3月24日(月)夕方までに杉原にご連絡ください。
4月のベトナム渡航:大学院生は、国際交流課から渡航費の補助を受けられます。(例年、数万円)
10月のミラノ渡航:学部生は5万円程度、大学院生は国際学会補助と、各研究室からの補助を受けられます。詳しくは工学院大学の国際交流課までお問い合わせください。

2013年受賞者からのメッセージ
2013年 ミラノ工科大学チーム 「IN8」 1等賞
左からエンリコ・マイネッティ、
ピエールパオロ・アバンツィ、
(ガブリエレ・マゼラ先生)、
マッテオ・ペドラナ

コンペに勝つ秘訣を教えてほしいと頼まれました。僕たちは満場一致でこう言いたいです。友情のもとに一致団結し、健康的に食べて、運動し、知識に対して「貪欲になる」ことだと。グッドラック!

パレルモ大学チーム 「link」 佳作
中央の4人左から、ファビオ・マリノ、
ヴァレリア・ルッパ、
カロジロ・スカルディーナ
ジュゼッペ・マリネッロ
(左:アントニオ・デ・ベッキ先生、右:TAのエルサ・サンフィリポ、下:シモーナ・コラジャーニ先生)

コンパッソ・ボランテに参加して、エンジニアと建築家が知るべき重要なことと、チームで取り組む能力と、仲間で競り合う良さを学びました。次回の参加者には、自分の作品を信じることと、思い切ってデザインすることを勧めたいと思います。この二つこそ、コンペに勝つ主要な戦略になるでしょう!

前年度参加者から、2014年度の参加者へのメッセージ

お題 「ミラノ国際交流は、授業や単位とは異なる完全自主学習のプログラムです。費用もかかりますし、やる気が問われます。国際コンペでの設計に対して、どのようにモチベーションを保つべきか、また、何を準備すべきでしょうか」

渡辺隼:やる気がなければ、参加する必要はない。と厳しめに。確かに授業でもなく、お金もかかるため、完全に能動性が必要なプログラムです。しかし、時間とお金を費やした元は確実に取れます。そして、コンペに費やす時間が長いですが、国際交流での充実感は大きいです。コンペと交流どちらも、このプログラムの軸だということを忘れないで下さい。

川合遥香:設計コンペでありながら国際交流をはかれる、こんな機会は、他にはないと思います。就職に有利だからとか、なにか得だからとかではなく、今まで知らなかった自分を知るために、また自分の可能性を広げるために、とてもいい機会であると思います。国際交流で何かを得るためにはやはり語学が大切です。ですが、語学はツールです!(ん、なんか聞いたことあるぞ)勉強のための勉強ではなくて、コミュニケーションをとるために必要なのです。やったぶんだけ成果が自分にかえってくることを、今回私は実感しました。設計というグループの作業と、語学学習の個人の作業を、自分のために目標を持ってやるのみです。

飯田昴平:とにかく今までやってきた設計よりも準備期間が長いので、後回しにしてしまいがちです。毎日頭の隅に入れておき、プランを考えて、何かアイデアが出たらしっかり書き溜めて、とやっていけばより良いものができると思います。

佐藤創一:来年挑戦する人たちには是非優勝を勝ち取ってもらいたいです。ただ、そのためには取り組む時間を惜しまない事が大事だと思います。何を優先するべきなのか、それを考えてスケジュールを組むことが大切だと思いました。時間は思ったよりありません。なので、アドバイスとしては毎日このコンペに取り組む事です。時間は問いません、が、自分がやったと思えることを毎日することがいいのだと思っています。

會田圭:授業や単位とは異なり、必須でない為にモチベーションを維持できない事もあるかと思いますが、逆に他人では経験していないような事を経験するいい機会になるので、ぜひとも頑張ってほしいと思います。

伊藤眞子:いくら時間があっても足りないと思います。そして、 チームなので考えが頭の中にあるだけではだめで、早い段階からイメージを共有しておくことが大切だと思います。もちろん、審査員に伝える手段も大切です。自分たちの中で自己完結せず、多くの人にわかってもらえるよう、頑張ってもらいたいです。

関連する記事を読む
2014プレミオ・コンパッソ・ボランテ結果
2014ミラノ国際交流ワークショップ
2013イタリア国際交流とコンペ、パレルモ編
国際交流2013マカオ:敷地調査と英語のフォローアップ
国際交流2013マカオ:資料ダウンロード
参加者募集:2013ミラノ工科大学との国際交流と国際設計コンペ
(1)ミラノ工科大学と工学院大学のワークショップ2012、International workshop of Cardboard shelters in Milano
(2)国際設計コンペのプレゼンテーション2012, Presentation for Premio Compasso Volante 2012
(3)コンパッソ・ボランテ2012結果とミラノガレリア展示, The result of Premio Compasso Volante 2012
(4) コンパッソ・ボランテのISAT2012発表, The presentation at ISAT 2012
(5)国際交流2012まとめ, Summary of Compasso Volante
ミラノ国際交流に向けた意気込み2012, Setting our goals to overseas training in Milano 2012
ミラノ工科大学との国際交流の続き2012, The story so far, International relationships with PoliMi
ミラノ工科大学との国際交流ワークショップ2011 International Workshop in Milano 2011


★2014年3月24日 ダウンロード資料★

ベトナム調査パワーポイント
Vietbam_FOOD_Amagai
Vietbam_FOOD_Amagai
/Vietbam_MARKET_MeiSato
Vietbam_SOCIALISM_ARAI
Vietbam_AGRICURTURE_Kawada.pptx

ピエールパオロのPCV紹介
PCV_Tokyo
IN8-right.jpg
IN8-left.jpg

PCVプログラム更新 および ハノイ敷地のテーマ資料
PCV2014_program_20140324
/Hanoi_Workshop_Program
The_Rice_Vermicelli_Village_Part1.pdf
The_Rice_Vermicelli_Village_Part2.pdf
The_Rice_Vermicelli_Village_Part3.pdf
Hanoi_WORKSHOP_Participants.xls

Trackback URL

Leave a Reply

Copyright © 2009 Atelier OPA. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress.