You are here: Home // Cardboard shelter, 鈴木研究室 // ダンボールシェルターとは / An explanation of Cardboard shelter

ダンボールシェルターとは / An explanation of Cardboard shelter


鈴木研究室のダンボールシェルターの解説文を、東北大学の五十嵐太郎先生が建築展のために書き下ろしました。
This explanation was specially written for the exhibition of “architect’s works after the Tohoku Earthquake,” by Prof. Taro Igarashi, Touhoku University.

身体感覚に合うダンボールの寝室や更衣室
 避難所に設置することを前提にしたダンボールによる小空間の提案。震災発生からたった一週間という早さで、建築家具の研究を行う工学院大学の鈴木敏彦教授と同研究室有志のメンバーによって開発された。視線の抜ける体育館において、人の身体感覚のスケールに合った箱を提供し、プライバシーの保護と安心できる環境を目指した。ダンボールシェルターは、4 枚の市販ダンボールをカットし、組み合わせた横型と縦型の2タイプがあり、それぞれ寝室や更衣室として利用される。ただの箱型ではない、家型のシルエットは、これが個人空間であることを象徴的に示す。これらは4月末に気仙沼市の避難所を中心に設置された。6月には折り重ねられたダンボールを展開するだけで少し広い空間ができる一体型タイプも発表された。これは診療所などの利用を想定している。ダンボールシェルターは、窓や屋根を開けたり、文字を書いたりと自由にカスタマイズもしやすい。図面はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスに基づき、工学院大学のホームページ上に公開、材料を集めれば誰にでも作成可能である。その後は次の震災に備えてダンボールシェルター備蓄の方向で活動を展開している。

This proposal called for the installation of small spaces made out of cardboard in evacuation shelters. Implemented just one week after disaster, the project was launched by Toshihiko Suzuki, Kogakuin University professor whose specialty is architectural furnishings, and a group of volunteers from his laboratory. Boxes with a human scale were set up in gymnasiums away from the sightline to ensure privacy and create a more comfortable environment.
By cutting four pieces of commercially- available cardboard, participants assembled two models: a horizontal one (Type 1) for sleeping and a vertical one (Type 2) for changing clothes. Instead of a typical box shape, the units were designed with a house-like form, symbolizing a private space. At the end of April, they were installed primarily in evacuation shelters in Kesennuma. Then, in June, by folding the cardboard, new integrated models were made to create a slightly larger space. Among other things, these were intended for use as medical clinics. The shelters were also easy to customize by creating windows, adding roofs, or writing on them. By making the blueprints available through a Creative Commons license on the university’s website, the group made it possible for anyone to collect the necessary materials and create the units. Following the project, the group began stockpiling cardboard shelters for use in future disasters.

Download PDF: An explanation of Cardboard shelter

Related articles 関連する記事
お絵描きダンボールシェルター Children’s drawing on Cardboard shelters
ダンボールシェルター3を熊本地震に提供, Cardboard shelter 3 for Kumamoto earthquake
「Uneven Growth」展カタログにダンボールシェルター掲載, Cardboard shelter is quoted in a catalogue of Moma
ダンボールシェルターを子供たちに, Cardboard shelters for children
パリ展レポート「3.11―東日本大震災の直後、建築家はどう対応したか」,Paris Exhibition, How Did Architects Respond Immediately after 3/11?
建築展 「3.11―東日本大震災の直後、建築家はどう対応したか」, Exihibiton of architect’s works after the Tohoku Earthquake
ダンボールシェルター2012クロスウォールシステムを発表、Cardboard shelter 3 and Crosswall System
解説:ダンボールシェルターとは / An explanation of Cardboard shelter
ダンボールシェルター1, Cardboard Shelter1
ダンボールシェルター2, Cardboard Shelter2
ダンボールシェルター写真, Cardboard Shelter PHOTO
ダンボールシェルター2011写真, Cardboard shelter 2011
ダンボールシェルター掲載紙, Articles on newspapers in Japan
ダンボールシェルターを被災地に設置, An article about Cardboard shelter for refuge

Trackback URL

Leave a Reply

Copyright © 2009 Atelier OPA. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress.