You are here: Home // Cardboard shelter, 鈴木研究室 // 建築展 「3.11―東日本大震災の直後、建築家はどう対応したか」 , Exihibiton of architect’s works after the Tohoku Earthquake

建築展 「3.11―東日本大震災の直後、建築家はどう対応したか」 , Exihibiton of architect’s works after the Tohoku Earthquake

Share |

2012年3月より、震災直後に建築家が行ったプロジェクト50点が展示される建築展が仙台、パリをはじめ各国20箇所で始まります。
Architects in Japan immediately started own projects after March 2011. The consisted of about 50 projects by architects was launched on March 2012 in Sendai, Paris and 20 locations world wide.

展示内容は、以下の4つの内容で構成されており、 鈴木敏彦先生が開発したダンボールシェルターは、(1)緊急対応のプロジェクトとして展示されます。
In the exhibition, there are four types of proposals and Prof. Suzuki’s projects is belong to (1)Immediate action.

(1)緊急対応 / Immediate action

(2)仮設住宅 / Temporary housing.

(3)復興計画 / Reconstruction plan

(4)海外からの提案 / Foreign proposals.

建築展 「3.11―東日本大震災の直後、建築家はどう対応したか」

2012 年 3 月より 2 年間の期間限定により海外各地を巡回予定
■パリ 3 月 6 日~3 月 31 日 パリ日本文化会館
■仙台 3 月 2 日~3 月 18 日 東北大学都市・建築学専攻仮設校舎 KATAHIRA 10
(仙台市青葉区片平 2-1-1 東北大学電気通信研究所)
主催:国際交流基金、3.11 以降の建築・東北大学実行委員会
共催:東北大学防災科学研究拠点
企画監修:五十嵐太郎(東北大学大学院教授)
協力:せんだいスクール・オブ・デザイン、
東日本大震災における建築家による復興支援ネットワーク[アーキエイド]

Download PDF
ダンボールシェルターの解説 / Explanation of Cardboard shelter
第一段階:緊急対応プロジェクト11作品のリーフレットPDF / Brochure of 11 Emergency Responces [in Japanese]
東北大学で開催する建築展のDM / Poster [in Japanese]

Related articles 関連する記事
ダンボールシェルターを子供たちに, Cardboard shelters for children
レポート「3.11―東日本大震災の直後、建築家はどう対応したか」 , Report: How Did Architects Respond Immediately after 3/11?
解説:ダンボールシェルターとは / An explanation of Cardboard shelter
ダンボールシェルター1, Cardboard Shelter1
ダンボールシェルター2, Cardboard Shelter2
ダンボールシェルター写真, Cardboard Shelter PHOTO
ダンボールシェルター2011写真, Cardboard shelter 2011
ダンボールシェルター掲載紙, Articles on newspapers in Japan
ダンボールシェルターを被災地に設置, An article about Cardboard shelter for refugee
建築展 「3.11―東日本大震災の直後、建築家はどう対応したか」 , Exihibiton of architect’s works after the Tohoku Earthquake

Trackback URL

Leave a Reply

Copyright © 2009 Atelier OPA. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress.