You are here: Home // Cardboard shelter, 鈴木研究室 // ダンボールシェルターを被災地に設置, An article about Cardboard shelter for refugee

ダンボールシェルターを被災地に設置, An article about Cardboard shelter for refugee



Benesse マナビジョンブックの「受験校決定PERFECT BOOK(生徒版)」に、鈴木先生のダンボールシェルターの取り組みが掲載されました。
Prof. Suzuki’s research of the Cardboard shelter was introduced to magazine for high school students. It will be help to understand a role as an architect for earthquake refugee.

空間という研究テーマを
避難所の環境改善に生かす

避難所に指定された施設には、水や食料、毛布などが備蓄してある。だが、そした備蓄品だけでは解決できない問題が一つある。プライバシー確保の問題だ。
その画期的な解決策として登場したのが、工学院大学のダンボールシェルター。数分で簡単に組み立てられ、体育館などの広い場所に屋根付きの小部屋を設置できる。「ただの仕切りではなく屋根付きなのがポイント」と考案者である鈴木敏彦教授は話す。「天井が高すぎる場所では、人は落ち着いて過ごせない。ヒューマンスケール(注)と言うのですが、例えばビーチパラソルやカフェの庇(ひさし)も、人間的空間を作るための”しくみ”なのです」。そのしくみが避難所に足りないことに気づき、空間の確保を専門家として考えた。
素材は安価で再利用可能なダンボールとし、現地で作れるように図面を大学サイトで公開。同時に工場での量産を進め、4月下旬には学生ボランティアが被災地に運んだ。
現在は、首都圏の避難場所にも備蓄を促す活動も開始している。「建築家という職能」からの提案を、被災地への支援として実現できたのは、大学がプロジェクトとして始動したからだと言えるだろう。

注釈:ヒューマン – スケール[Human scale](身体尺度) 人間にふさわしい空間のスケール感。建築や空間のデザインを人間の身体の大きさを尺度にして考えること、またその結果得られる人間にとって適切な空間の規模や物の大きさのことを指す。

The research on space contributes the improvement of refugee conditions.

“Facilities for refugee has water, foods and blankets in store. However it is not sufficient. There is no consideration for privacy.
Toshihiko Suzuki, an architect Professor at Kogakuin University, solved the problem by developing the Cardboard shelter. Anyone can put it together in a few minutes and set it up in a gymnasium as a small house. He told us “I emphasized that it works as not only a partition, but also a space with a roof. We are not comfortable under high ceiling. Let us consider “Human scale”. You know, a beach parasol and a cafe roof have the eaves. They are useful structure to make a human space.” Suzuki noticed that and developed the Cardboard shelter to secure the space.
He selected cardboard material because of cheapness and recycle possibility. And his university opened its design on website and started mass production with a factory. The end of April, his students carried it to the disaster-stricken area as students volunteer.
Now he also started to store the Cardboard shelter in evacuation sites in the Metropolitan area. His approach demonstrated architectural ability. Then the Kogakuin university realized Suzuki’s proposal as an aid project for the disaster-stricken area.”

Related articles 関連する記事
ダンボールシェルター3を熊本地震に提供, Cardboard shelter 3 for Kumamoto earthquake
「Uneven Growth」展カタログにダンボールシェルター掲載, Cardboard shelter is quoted in a catalogue of Moma
ダンボールシェルターを子供たちに, Cardboard shelters for children
パリ展レポート「3.11―東日本大震災の直後、建築家はどう対応したか」,Paris Exhibition, How Did Architects Respond Immediately after 3/11?
建築展 「3.11―東日本大震災の直後、建築家はどう対応したか」, Exihibiton of architect’s works after the Tohoku Earthquake
ダンボールシェルター2012クロスウォールシステムを発表、Cardboard shelter 3 and Crosswall System
解説:ダンボールシェルターとは / An explanation of Cardboard shelter
ダンボールシェルター1, Cardboard Shelter1
ダンボールシェルター2, Cardboard Shelter2
ダンボールシェルター写真, Cardboard Shelter PHOTO
ダンボールシェルター2011写真, Cardboard shelter 2011
ダンボールシェルター掲載紙, Articles on newspapers in Japan
ダンボールシェルターを被災地に設置, An article about Cardboard shelter for refuge

Trackback URL

2 Responses to " ダンボールシェルターを被災地に設置, An article about Cardboard shelter for refugee "

  1. […] 建築展 「3.11―東日本大震災の直後、建築家はどう対応したか」 , Exihibiton of architect’s works after the Tohoku Earthquake 解説:ダンボールシェルターとは / An explanation of Cardboard shelter ダンボールシェルター1, Cardboard Shelter1 ダンボールシェルター2, Cardboard Shelter2 ダンボールシェルター写真, Cardboard Shelter PHOTO ダンボールシェルター2011写真, Cardboard shelter 2011 ダンボールシェルター掲載紙, Articles on newspapers in Japan ダンボールシェルターを被災地に設置, An article about Cardboard shelter for refugee […]

  2. […] ミラノ国際交流に向けた意気込み, Setting our goals to overseas training in Milano 2012 ミラノ工科大学との国際交流の続き 2012, The story so far, International relationships with PoliMi ダンボールシェルターを被災地に設置, An article about Cardboard shelter for refugee […]

Leave a Reply

Copyright © 2009 Atelier OPA. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress.