You are here: Home // デザイン教育, 鈴木研究室 // ミラノ工科大学との国際交流の続き 2012, The story so far, International relationships with PoliMi

ミラノ工科大学との国際交流の続き 2012, The story so far, International relationships with PoliMi


工学院大学はミラノ工科大学と2010年に国際協定を結びました。2012年、アンナ・マンジャロッティ先生が来日した模様をお伝えします。
Kogakuin university had an an international agreement with Politecnico di Milano since 2010. Professor Anna Mangiarotti visited Japan in June 2012. Here’s a newsflash.

前回までのあらすじ:2011年5月、工学院大学より15名が渡伊。ワークショップと設計コンペの準備を行いました。10月、ミラノ工科大学からマルコ・インペラドリ先生が来日。工学院大学にて講演およびコンペ結果の発表、水野明哲学長と歓談されました。
The story so far; May 2011, the fifteen members from Kogakuin Univ visited Politecnico di Milano and had a workshop. October 2011, Prof. Marco Imperadori came to Tokyo for his lecture,an announcement of the competition, and meeting with President Mizuno.

ミラノ工科大学との国際交流ワークショップ International Workshop in Milano 2011
建築学部の学生らが国際交流ワークショップで学生設計コンペに出品し受賞




2012年6月、ミラノ工科大学よりアンナ・マンジャロッティ先生とイングリッド・パオレッティさん、ストゥディオ・マンジャロッティの堀川絹江さんが来日しました。12日に学長室にて、水野学長と国際交流センターの青木さんと臼杵さん、建築学部長の長澤先生と私でお目にかかり、学生の交換や、英語での大学院授業、秋の国際交流について話しました。
We are very honored to welcome friends from Italy. Professor Anna Mangiarotti and PhD.Ingrid Paoletti from Politecnico di Milano and Architect Kinue Horikawa visited Shinjuku campus on 12th June. We discussed about fruitful future for both universities, such as study exchange, exchange students and the compasso volante competition in fall. President Mizuno, Professor Nagasawa, Ms. Usuki and PhD Aoki and I attended.

鈴木先生と、修士1年のプロダクトデザイン特論の受講者はファカルティクラブでスタンバイ。谷口先生も駆けつけて、長澤先生がシャンパンで乾杯!
The students in master program who join “product design class” and Prof. Suzuki were ready to have a party in the faculty club. Prof. Taniguchi joined us and Prof. Nagasawa proposed a toast to our guest!

次は学生たちがイタリア語でご挨拶。練習の成果はいかに?シャイな日本人から国際人へと踏み出す第一歩ですよ!
Guys, It’s your turn to greet in Italian. “Buongiorno, Sono Shuhei… ” Don’t be shy and express yourself!

アトリエOPAプレゼンツ、アンジェロ・マンジャロッティの大理石のブロック「PREZENZE」をイメージした菓子器。鈴木先生がデザインして、アトリエOPAの石川さんが徹夜で作って運び込みました。かつて堀川さんが実際に何度も削って作った話を聞かせて下さいました。おもてなしの心が伝わったなら幸いです。
This cake stand was to pay homage to Angelo Mangiarotti. Based on a form of marble block work, Mangiarotti’s “PREZENZE,” Prof. Suzuki desined it and Designer Ishikawa made it all night. Ms. Horikawa told us that she really dealt with it in Studio Mangiarotti. As a design office, Atelier OPA were happy to welcome our guest.

6月14日、イタリア文化会館にて展覧会「アンジェロ・マンジャロッティの哲学とデザイン:マエストロと日本人スタッフとの協働の記録」が開催されました。初日のトークショーではアンナ先生や堀川さんをはじめ、ミラノの事務所に在籍したアソシエイツの方のご講演がありました。マンジャロッティ氏の真面目で細やかな性格は、歴代の日本人スタッフとよく気が合ったとのことでした。
The exhibiton “The philosophy of the master, Designed by architect Angelo Mangiarotti and its relationship with the Japanese associates” started on 14th June 2012. Opening talk show by Prof. Anna and associates revealed the fact that Angelo got along with Japanese internship staffs, because they were working in earnest.

カトラリーや彫刻、教会から駅舎のプランなど、重さとバランスとフォルムが絶妙です。展覧会を眺めていると、なせ多くの先輩方がイタリアに渡ってマンジャロッティ氏に師事したのかがわかる気がしました。折りしも展覧会の最終日、イタリアにて享年91歳で永眠されたと聞きます。心よりご冥福をお祈りいたします。
All of their works were superb combination of weight, balance and form. I could understand why Japanese pioneer visited Italian maestro and became his associates. The final day of the exhibition, 91 years old architect, Angelo Mangiarotti passed away. R.I.P.

studio A の諸角先生からお声がけいただき、展覧会の搬入搬出の手伝いを、昨年度のミラノとの国際交流に参加したメンバーが中心となって手伝いました。書籍販売中の小切山さんいわく、「勉強になります!」 日伊の交流が深まり、建築やデザインを学べる機会があることを、私たちは本当に嬉しく思いました。
Prof. Morozumi asked Suzuki labo to help the exhibition. Students who visited studio Mangiarotti last year helped preparation, selling books and tidying up. Ogiriyama san said “This opportunity is good for me!” We appreciated for the relationships to study architecture and design through cultural exchange of Italy and Japan.

関連する記事を読む
2014プレミオ・コンパッソ・ボランテ結果
2014ミラノ国際交流ワークショップ
参加者募集:2014ベトナム敷地調査&ミラノ国際交流と設計コンペ
2013イタリア国際交流とコンペ、パレルモ編
国際交流2013マカオ:敷地調査と英語のフォローアップ
国際交流2013マカオ:資料ダウンロード
参加者募集:2013ミラノ工科大学との国際交流と国際設計コンペ
(1)ミラノ工科大学と工学院大学のワークショップ2012、International workshop of Cardboard shelters in Milano
(2)国際設計コンペのプレゼンテーション2012, Presentation for Premio Compasso Volante 2012
(3)コンパッソ・ボランテ2012結果とミラノガレリア展示, The result of Premio Compasso Volante 2012
(4) コンパッソ・ボランテのISAT2012発表, The presentation at ISAT 2012
(5)国際交流2012まとめ, Summary of Compasso Volante
ミラノ国際交流に向けた意気込み2012, Setting our goals to overseas training in Milano 2012
ミラノ工科大学との国際交流の続き 2012, The story so far, International relationships with PoliMi
ミラノ工科大学との国際交流ワークショップ2011 International Workshop in Milano 2011

Trackback URL

Leave a Reply

Copyright © 2009 Atelier OPA. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress.