You are here: Home // Editorial Design, 鈴木研究室 // 「世界で一番美しい建築デザインの教科書」発刊

「世界で一番美しい建築デザインの教科書」発刊

Share |

鈴木先生の工学院大学建築学部の「建築計画1」の授業の全内容が本になりました。
2011 December, Prof. Toshihiko Suzuki published the textbook for atchitectural desin students in Japan.The title means “The most beautiful architecture by Seven Master architects, -Basic of interior design, furniture, Architecture-“, XKonwledge, 2011[in Japanese]

世界で一番美しい建築デザインの教科書
7人の巨匠に学ぶインテリア・家具・建築の基本

価格:1,890円 (税込)
著者名:鈴木敏彦・松下希和・中山繁信
出版社: エクスナレッジ
ムック: 160ページ
発売日: 2011/12/15

アトリエOPAも総力を結集し、取材、写真、
レイアウト、編集など全面協力しました。
以前に取材した内容に加え、2011年夏に、
北欧3カ国、ヨーロッパ2カ国を追加
調査して、現代建築やインテリアを
横断する視点からまとめています。

プロダクト、インテリア、建築を横断する7人の巨匠
本書の特徴は、建築界から7人の巨匠を選んでいること。彼らの名建築、家具、インテリアを題材にしているので、ページをめくると、見たことや聞いたことのあるテーマが次々と表れます。彼らは国を超えてお互いに影響を及ぼしながら、ひとつの時代を作りあげていきました。

名だたる建築家達は、なぜその時期にその作品を作ったのでしょうか。鈴木先生、中山先生、松下先生方の丹念な解説を読み進めていくと、デザインの必然性がおのずと見えてきます。私の場合の理解を例えるなら、個別に知っていた知識の断片が、脳内で星座を形成していくような感覚でした。

全面カラーページで、イラストがふんだんに使われているのも、嬉しいですね。中山先生の素敵なイラストを眺めていると、建築家の絵心に関心するとともに、私のように建築を専門としない人でも、夢中になって読みきることができます。

本書は建築専攻の学生に向けて書かれたものですが、新たな読者層として、「建築に興味はあるけれど、設計には手を出せずにいた」プロダクトデザインの学生や、「椅子や家具が好きだけれど、建築のスケールまではわからない」インテリアデザイン好きな人々にも、おすすめの良書と言えるのではないでしょうか。

リートフェルトがシュレーダー婦人の依頼で作った邸宅は、レッド&ブルーチェアの表現を、
まるで建築にまで拡大したかのような仕上がりです。

ヤコブセンがすべてを手がけた、デンマークのSASラディソンブルーロイヤルホテル。建物の
設計からロビーのインテリア、ソファ、照明、カトラリーまで徹底してデザインしています。

コルビュジェが晩年に作った、フランスはロンシャンにある礼拝堂。建築家の仕事は造形や
素材のみならず、空間を支配する光と闇の色合いにさえ及びます。

フランク・ロイド・ライトを第一世代とするならば、20年遅れて登場するミース、コルビュジェ、リートフェルトを第二世代、さらに10年後に登場するアールト、プルーヴェ、ヤコブセンは第三世代になるのだそうです。晩年に大学で先生を勤めた建築家も少なくありません。
本書には、彼らが十数カ国でつむいだ考え方や空間のとらえ方が、詳しくひもとかれています。この本を読み終える頃には、今まで手の届かない場所にいた著名な7人の巨匠を、身近な先達として感じられるようになるに違いありません。
(杉原有紀)

目次
第1章:建築デザインの基礎知識
第2章:モノと空間のかたち
第3章:巨匠の家具・インテリア
第4章:人の寸法と空間の広さ
第5章:室内環境のデザイン
第6章:住宅デザインのポイント
第7章:集合住宅デザインのポイント
第8章:美しい街並みに住む

プロフィール
●鈴木敏彦(すずき・としひこ) 1・2・3章担当
工学院大学建築学科修士課程修了。黒川紀章建築都市設計事務所、フランス新都市開発公社EPAmarne、早稲田大学建築学専攻博士課程を経て、1999-2007年東北芸術工科大学プロダクトデザイン学科助教授、2007-2010年首都大学東京システムデザイン学部准教授、2010-2011年工学院大学建築都市デザイン学科教授。現在、工学院大学建築学部教授。首都大学東京システムデザイン学部インダストリアルアートコース客員教授。株式会社ATELIER OPA共同主宰。

●松下希和(まつした・きわ) 5・6・7章担当
ハーバード大学大学院デザイン・スクール建築学部終了。槇総合計画事務所を経て、現在、KMKa一級建築士事務所主宰。工学院大学建築学部非常勤講師。

●中山繁信(なかやま・しげのぶ) 4・8章担当
法政大学大学院工学研究科建築工学修士課程修了。宮脇壇建築研究室、工学院大学伊藤ていじ研究室を経て、2000-2010年工学院大学建築学科教授。現在。(有)TESS計画研究所主宰。工学院大学建築学部非常勤講師。日本大学生産工学部建築学科非常勤講師。

Related articles 関連する記事
著者インタビュー「世界で一番美しい建築デザインの教科書」
「北欧の巨匠に学ぶデザイン アスプルンド/アールト/ヤコブセン」出版
「北欧の巨匠に学ぶ図法 家具・インテリア・建築のデザイン基礎」出版
アルネ・ヤコブセン研究会, A survey of Arne Jacobsen
フリッツ・ハンセン・ジャパン探訪, Republic of Fritz Hansen, Japan

Trackback URL

1 Response to " 「世界で一番美しい建築デザインの教科書」発刊 "

  1. […] 「世界で一番美しい建築デザインの教科書」発刊 著者インタビュー「世界で一番美しい建築デザインの教科書」 「北欧の巨匠に学ぶ図法 家具・インテリア・建築のデザイン基礎」出版 […]

Leave a Reply

Copyright © 2009 Atelier OPA. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress.