You are here: Home // 鈴木研究室 // 国際交流2013マカオ:敷地調査と英語のフォローアップ

国際交流2013マカオ:敷地調査と英語のフォローアップ




工学院大学建築学部鈴木研究室によるミラノ工科大学との国際交流ワークショップ、2013年度のスタートです。3月末にマカオに渡航して、敷地調査を行いました。

ACE6  2013年3月28日9:30~18:00 マカオ返還寄贈品博物館にて
マカオのサンジョセフ大学と地元の有識者が主催者となり、ミラノ工科大学、工学院大学、パレルモ大学、地元の行政などから、9件の発表を行いました。ACEとはArchitecture Culture Environmentの略で、ミラノ工科大学が学外のネットワークを活かして開催する国際会議です。

敷地調査 2013年3月29日
ポルトガル領だった古い街並みや、敷地となる造船所の跡地を視察しました。マルコ先生と鈴木先生、いいね!

Getting Together Dinner  
夜の親睦会では、イタリアの学生たちにとっては珍しい中華のフカヒレスープを味わったり、日本から持ち込んだ折り紙をみんなで楽しんだりしました。

折り紙ティーチャーと化した伊藤さんと、パレルモ大学の学生たち。みんな初めて折ったインコを手に嬉しそうです!


ミラノ工科大学の学生たちとすっかり仲良くなりました。
しかし、日本の学生たちは英語のコミュニケーションに改善の余地があることに気が付いたようです。


英語のフォローアップ
各自の英語テキストから、今後有効だと思うフレーズを理由と共に4つずつ挙げてもらいました。

伊藤さんの必須フレーズ
明日香出版社
「72パターンに+αで何でも話せる英会話」より

Please tell me how to pronounce this word. 「この言葉をどうやって発音するのか教えてください」
一番使いたかったフレーズです。私が日本語でイタリアのメンバーの名前を書いていると、イタリア人友達の名前も日本語で書いてほしい!と言われました。快くOKしたのですが、アルファベットで書かれた名前の発音がわかりませんでした。すると、字が読みにくいから困っていると思われてしまい、アルファベット一文字一文字を
言われてしまいました。たとえばMAKOならエム、エー、ケー、オーといった感じですね。結局、ジェスチャーとその場の雰囲気で読み方を教えてもらい、カナカナで紙に書いて渡すことができ喜んでもらえたのですが、あの時のイタリア人に囲まれた状況での「どう質問したらいいんだー!?ヾ(゜д゜lll)〃 」という焦りと冷や汗の感覚は忘れられません。

I’m not from Tokyo, but from Osaka. 「私は東京出身じゃなくて大阪出身だよ」
見た目から中国人と間違えられることもしばしばあったので、No No だけじゃなくてちゃんと言えるようになりたいと思いました。

It is complicated to explain the details. 「詳細を説明するのはややこしいよ」
折り紙を教えてほしいといわれたときに、難しいものをリクエストされ初めての人にこの短時間で教えるのはややこしいと思いました。そのときにうまく伝える方法がほしいと思いました。

What’s your major? 「専攻はなんですか?」
質問なので聞けなくて困るということはなかったのですが、向こうから質問されたこともあり、私ももっと相手のことを知って建築のことを話し合いたいと思いました。改めてみると簡単なフレーズですが、とっさに出てこなかったフレーズです。


川合さんの必須フレーズ
明日香出版社
「社内公用語の英語の重要表現」より

(I want to go with you.) But I unfortunately probably can’t do so.
「(一緒に行きたい)けれど、残念ながら多分できないと思う」
一緒に行こうよ!などと誘ってくれたのを、嬉しいけれど断らなくてはいけないとき、うまく伝えられなかったので。

I’m sorry. I cannot understand. 「ごめんなさい、わからないです」
何度も言い直してくれたのに理解できず、あいむそーりー しか言えませんでした。もう一言、簡単でも伝えたかったのに。

When you come to Japan,contact me! 「日本に来るときは、連絡してね!」
イタリアに来るときは連絡してね、と言ってもらったとき、嬉しかったのにお返しの言葉を言えなかったので。泣

What do you say it in Italy? 「イタリア語では何と言うの?」
イタリア人たちは日本語では?!と沢山聞いてきてくれました。私も聞きたくて、めちゃくちゃ言ってなんとか伝わってる?という感じで教えてもらっていました。ちゃんと伝えたくて。 知り合いに英会話おしえてもらいます( *`ω´)パワーアップしたいです。


會田さんの必須フレーズ
Jリサーチ出版
「すぐに使える英会話 ミニフレーズ2500」より

Which team do you like?
ピエールとの会話でサッカーの話になった時に好きなチームを聞けたら会話がもっと続いたかもしれないので。

Is this your SD card?
SDカードが落ちていて周りに確認する時に言えればスムーズに解決出来たと思うので。

What did you do yesterday?
パーティの時に前日はなにをしていたのか聞きたかったが聞けなかったので。

Would you like some more?
パーティの時に言えればもっと会話がすすんだかもしれないので。


飯田さんの必須フレーズ
語研
「日常会話ネイティブ表現」より

May I join you?
コーヒーブレイクの時とかに使いたかった。

What are you laughing at? 
隣で何かすごい笑っていた時に聞きたかった。

What do you mean by …? 
分からない単語があって聞きたかった。

How can I help you? 
なんか使えそうだから覚えておきたい。

What do you talk about? 
話に参加したかったが何を話しているかわからなかったとき。

千里の道も一歩から。英語も頑張りましょう!

関連する記事を読む
2014プレミオ・コンパッソ・ボランテ結果
2014ミラノ国際交流ワークショップ
参加者募集:2014ベトナム敷地調査&ミラノ国際交流と設計コンペ
2013イタリア国際交流とコンペ、パレルモ編
国際交流2013マカオ:敷地調査と英語のフォローアップ
国際交流2013マカオ:資料ダウンロード
参加者募集:2013ミラノ工科大学との国際交流と国際設計コンペ
(1)ミラノ工科大学と工学院大学のワークショップ2012、International workshop of Cardboard shelters in Milano
(2)国際設計コンペのプレゼンテーション2012, Presentation for Premio Compasso Volante 2012
(3)コンパッソ・ボランテ2012結果とミラノガレリア展示, The result of Premio Compasso Volante 2012
(4) コンパッソ・ボランテのISAT2012発表, The presentation at ISAT 2012
(5)国際交流2012まとめ, Summary of Compasso Volante
ミラノ国際交流に向けた意気込み2012, Setting our goals to overseas training in Milano 2012
ミラノ工科大学との国際交流の続き2012, The story so far, International relationships with PoliMi
ミラノ工科大学との国際交流ワークショップ2011 International Workshop in Milano 2011

Trackback URL

Leave a Reply

Copyright © 2009 Atelier OPA. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress.