You are here: Home // Cardboard shelter, デザイン教育, 杉原研究室, 鈴木研究室 // (1)ミラノ工科大学と工学院大学のダンボールワークショップ2012International workshop of Cardboard shelters in Milano

(1)ミラノ工科大学と工学院大学のダンボールワークショップ2012International workshop of Cardboard shelters in Milano


PREMIO COMPASSO VOLANTE 2012 – ETTORE ZAMBELLI XIV edizione
International workshops programme

The report of International workshop of Kogakuin University in Politecnico di Milano.
出発 10月3日 成田~ローマ経由~ミラノ
総勢22名、イタリアへ国際設計コンペ参加と国際交流ワークショップに行って来ました。全員集合@ローマ空港
最も楽しみにしていることは何ですか? 久保 「イタリア文化との触れ合い」 山口 「海外の学生との交流」 



ダンボールワークショップ
2012年10月4日 ESPEにて9:00~18:00
東北大震災の後、被災地に鈴木研究室はダンボールシェルターを届け、設計をライセンスフリーで公開しています。「カードボードシェルター」を説明する鈴木先生と石田さん。

マルコ・インペラドリ先生から、ダンボールワークショップの内容の説明です。「フレキシブルでモジュラー化できる緊急避難用のユニットをダンボールで考案すること」工学院大学、ミラノ工科大学、パレルモ大学、シンガポール工科大学、ESPEの学生で混成チームを作ります。

POLITECNICO DI MILANO, UNIVERSITÀ DEGLI STUDI DI PALERMO
Facoltà di Ingegneria, KOGAKUIN UNIVERSITY TOKYO, SINGAPORE POLYTECHNIC, School of architecture & the built environment, ESPE
Ente Unico Paritetico per la Formazione e la Sicurezza O.P.P. Edilizia della Provincia di Lecco
10:00、グループ分け終了。今日一日、このメンバーと課題に取り組みます。

アイラブ・コンパッソボランテTシャツに着替えて、ダンボールの端材を組み合わせつつ、制作すること8時間。

チームごとにシェルターが完成しました。

ダンボールワークショップについての感想:
山口 「急に始まって最初はどうなるかと思いましたが、最後はとても仲良くなり一致団結できました」
久保 「英語で自分のアイデアを伝えるのに苦労した。スケッチを描いてコミュニケーションをとることで、なんとかなった。無事、時間内に完成してよかった」
北古 「去年よりは意思疎通が出来ましたが、100%の意見交換まで達せなかった事が少し悔しかったです。イタリアの方々が日本人の考え方にとても興味を抱いているようで、お互いの国の課題に向かう姿勢や、順序など多くの事を学ぶ事が出来ました。とても勉強になる部分が多かった」
鈴木 「限られた時間内に、初めて会った人との作業と日本人の感性とは違うものを持っている学生とのコミュニケーションは大変でしたが、楽しかったです」


ダンボールシェルター鈴木敏彦賞は、ミラノ工科大+シンガポール工科大チームに贈られました。鈴木先生の選定理由は、「縦では着替え、横にするとマットで寝ることができる。曲面を作るのに、竹のような節を作って強度を出したのが良かった」とのことです。

つづきます。
国際設計コンペのプレゼンテーション2012(2)Presentation for Premio Compasso Volante 2012

PDFレポート ダウンロード


関連する記事を読む
2014プレミオ・コンパッソ・ボランテ結果
2014ミラノ国際交流ワークショップ
参加者募集:2014ベトナム敷地調査&ミラノ国際交流と設計コンペ
2013イタリア国際交流とコンペ、パレルモ編
国際交流2013マカオ:敷地調査と英語のフォローアップ
国際交流2013マカオ:資料ダウンロード
参加者募集:2013ミラノ工科大学との国際交流と国際設計コンペ
(1)ミラノ工科大学と工学院大学のワークショップ2012、International workshop of Cardboard shelters in Milano
(2)国際設計コンペのプレゼンテーション2012, Presentation for Premio Compasso Volante 2012
(3)コンパッソ・ボランテ2012結果とミラノガレリア展示, The result of Premio Compasso Volante 2012
(4) コンパッソ・ボランテのISAT2012発表, The presentation at ISAT 2012
(5)国際交流2012まとめ, Summary of Compasso Volante
ミラノ国際交流に向けた意気込み2012, Setting our goals to overseas training in Milano 2012
ミラノ工科大学との国際交流の続き2012, The story so far, International relationships with PoliMi
ミラノ工科大学との国際交流ワークショップ2011 International Workshop in Milano 2011

ダンボールシェルターを子供たちに, Cardboard shelters for children

ダンボールシェルターを被災地に設置, An article about Cardboard shelter for refugee

ダンボールシェルター新作:クロスウォールシステムを発表、Cardboard shelter 3 and Crosswall System

Trackback URL

1 Response to " (1)ミラノ工科大学と工学院大学のダンボールワークショップ2012International workshop of Cardboard shelters in Milano "

  1. […] (前回までのあらすじ) ミラノ工科大学と工学院大学のワークショップ2012(1)International workshop of Cardboard shelters in Milano ミラノ国際交流に向けた意気込み, Setting our goals to overseas training […]

Leave a Reply

Copyright © 2009 Atelier OPA. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress.