You are here: Home // 鈴木研究室 // TSUBO CARを発表、東京モーターショー2017, TSUBO CAR presentation at Tokyo Motor Show 2017

TSUBO CARを発表、東京モーターショー2017, TSUBO CAR presentation at Tokyo Motor Show 2017


tsubocar_smarthouse
tms-newspicks
ATELIER OPAは、東京モーターショー2017の2017年11月4日18時からのピッチコンテストにて「TSUBO CAR 一坪の完全自動運転電気自動車」を発表します。
We announced “TSUBO CAR: Autonomous car of 3.3 square meter in level 5.” at Tokyo Motor Show on 4 November 2017.

東京モーターショー2017のテーマは「BEYOND THE MOTOR」です。ATELIER OPAはNews Picks主催のコンテストにて、クルマを「BEYOND」するアイデアを発表する5社に選ばれました。先進性、革新性、将来性を考慮し、2013年に考案したTSUBO CAR(ツボカー)のコンセプトを拡大し発表します(リンク:「TSUBO CAR」が日経デザイン・スマートデザイン2013受賞)。住宅に付随する2畳の部屋が、自動走行で病院や学校へと走行します。現在の技術ではレベル2/部分的自動運転からレベル4/自動運転への移行段階にあります。2025年のレベル5/完全自動運転の実現を見据え、TSUBO CARをドライバーのいない車として設計しました。住人は母屋と直結したTSUBO CARに入ると、車いすやベッドのまま目的地まで移動することが出来ます。この研究には、これまで2畳の茶室(リンク:So-an Mobile cha-no-yu Room)や可動式のインテリア(リンク:建築家具)を設計してきた鈴木敏彦の視点が生かされています。建築家の仕事とは都市設計と同様に、車社会においても快適なヒューマンスケールを追求することです。高齢者や障がい者など弱者に優しいTSUBO CARは、誰にでも快適な空間となります。

リンク:5社が決勝進出。クルマを「BEYOND」するピッチコンテスト開催。東京モーターショー | NewsPicks

Tsubocar_consultationroom

In 2017, Tokyo Mortor show has a theme,”Beyond the motor”. News Picks holds a pitch contest for 5 i innovative companies, and ATELIER OPA was selected as a finalist. We have been thinking TSUBO CAR since 2014 (Link: “TSUBO CAR” won the Smart Design award 2013). A room of 3.3 square meter, that is 1 Tsubo-space counted in Japan, is attached to the house. This room runs to hospitals and schools by automatic driving. Current technology is in the transition from level 2, partial automatic operation to level 4, automatic operation. Considering the realization of level 5, fully automatic operation in 2025, Toshihiko Suzuki designed TSUBO CAR as a car without a driver. A resident can move to his or her destination in a wheelchair or a bed. This research has been based on Suzuki’s view, such as 1 Tsubo-scale tea room (Link:So-an Mobile cha-no-yu Room) and Kenchikukagu (Link: Architectural furniture). The Architect pursues comfortable human-scale in city landscape and car society as well. TSUBO CAR will be a comfortable space not only for vulnerable people such as the elderly and disabled, but also everyone.

TSUBO CAR on Youtube

参考:日本インテリア学会2012年10月27日~28日、第24回大会論文集
「ツボグルマ再考 住宅と車の新たな関係性の提案」石田貴大、鈴木敏彦(工学院大学)
(要旨)建築家、上田篤が著書の中で提案したツボグルマを再考し、住宅の一部として小型化した。エネルギーマネジメントを行う省エネルギー住宅「スマートハウス」と「EV」(電気自動車)との協働により、住宅と車の新たな関係性をを探った。高齢社会、介護者不足、負担軽減などを視野に入れると、移動可能な部屋は通院や診療に最適である。弱者に優しい車の有り方について述べた。2017年、EVの発達を踏まえて現実味を帯びてきたTSUBO CARについて、東京モーターショーのピッチコンテストにて鈴木は続報を発表した。

Related articles 関連する記事
「TSUBO CAR」が日経デザイン・スマートデザイン2013受賞, “TSUBO CAR” won the Smart Design award 2013

Trackback URL

Leave a Reply

Copyright © 2009 Atelier OPA. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress.