You are here: Home // Mawaridoro (日本語) // MAWARIDOROが「つくばスタイル」で紹介されました

MAWARIDOROが「つくばスタイル」で紹介されました


MAWARIDOROが「つくばスタイル 8」 (エイムック 1691) N0.8で紹介されました。

(2009年3月)

(掲載記事より一部位抜粋) つくばセンター地区の中心を貫く歩行者道路、通称「ペデ」沿いにあるカフェの前に、おしゃれなライトが立っている。ところがこのライト、電気コードが付いていない。ライトの名前はMAWARIDORO。電源は風力。ランプシェードのように見える部分は風車の羽根であり、日中回って蓄えた電力で、夜はLEDライトが灯り照明器具となる。従来の風力発電装置は巨大な設備を必要としたが、これは、非常にコンパクトな作りだ。風速2メートル程度のそよ風でも回転し、発電する。
 これを開発・デザインしたのは、アトリエOPAの鈴木敏彦さん。首都大学東京でプロダクトデザインも教えている建築家だ。彼は、プロダクトと建築の中間領域のデザインを専門としている。MAWARIDOROをフロアースタンドのようなかたちにデザインしたのは、その回りにリビングのような空間を生み出すためだ。このように、空間を生み出すプロダクトを彼は「建築家具」と呼んでいる。

Trackback URL

Leave a Reply

Copyright © 2009 Atelier OPA. All rights reserved.
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress.